金属資源本部

【主要取扱商品・分野】

  • 鉄鉱石、石炭、銅の鉱山開発
  • アルミニウム製錬
  • 鉄鉱石、石炭、合金鉄、製鋼原料のトレード
  • 非鉄軽金属原料・地金・製品のトレード

金属資源本部の強み

豪州ロイヒル鉄鉱山事業

丸紅が15%出資する豪州ロイヒル鉄鉱山は、年間生産能力5,500万トンと西豪州ピルバラ地区の単一鉄鉱山としては最大規模を誇ります。本事業は、統合インフラとしての鉱山・鉄道・港湾を自社保有しており、高いコスト競争力を有しています。また、生産される良質な鉄鉱石の大半は、日本をはじめとするアジアの製鉄会社との長期契約に基づき販売されています。良質な鉄鉱石の安定供給を通じて、アジア鉄鋼産業に貢献していきます。

  • ロイヒル鉄鉱山(豪州)
  • ロイヒル鉄鉱石
    輸送鉄道(豪州)
  • ロイヒル鉄鉱石運搬船積出
    ポートヘッドランド港(豪州)

豪州石炭事業

丸紅は、豪州に複数の原料炭炭鉱権益を保有し、石炭事業を推進しています。中でも高いコスト競争力を有し、石炭事業の中核となるジェリンバイースト炭鉱ならびにレイクバーモント炭鉱については、それぞれ38.3%、33.3%の権益を保有し、最大出資者として事業運営に関与しています。両炭鉱を中心に、引き続きコスト競争力の維持・強化を図り、収益基盤の強化に取り組んでいきます。

  • ジェリンバイースト炭鉱(豪州)
  • レイクバーモント炭鉱(豪州)
  • ヘイルクリーク炭鉱(豪州)

チリ銅鉱山事業

丸紅は、チリにてセンチネラ銅鉱山およびアントコヤ銅鉱山に30%、ロスペランブレス銅鉱山に8.75%出資しており、パートナーである世界有数の銅生産会社である英国・アントファガスタ社と保有銅鉱山の事業運営を行っております。丸紅は、現在日本企業トップクラスの15万トンの持分権益銅量(銅地金換算)を保有していますが、ロスペランブレス銅鉱山の能力拡張やセンチネラ銅鉱山の周辺鉱床の開発を通じてさらなる資産価値の向上を目指していきます。

  • センチネラ銅鉱山(チリ)
  • アントコヤ銅鉱山(チリ)
  • ロスペランブレス銅鉱山(チリ)

カナダアルミニウム製錬事業

丸紅が13.3%出資するカナダ・アロエッテ製錬所は、水力発電を利用した、環境負荷が低くコスト競争力の高い米州最大のアルミニウム製錬所です。今後年産能力の増強や高付加価値製品製造の計画もあり、コスト競争力で優位性のある本製錬所の運営を通じて、世界経済の発展に必要不可欠で、今後も需要の伸長が見込まれるアルミニウム産業に貢献していきます。

  • アロエッテ製錬所(カナダ)
  • アロエッテ製錬所(カナダ)

幅広いネットワークを有するトレード事業

アジア地区を中心に各拠点に駐在員を派遣し、グローバルネットワークを構築することで各商品・地域で幅広いトレード事業を展開しています。資源投資事業においても大きな強みとなる当本部のネットワークと販売・マーケティング力を駆使し、金属資源の川上から川下までの市場および顧客ニーズを有機的に結び付け、そのニーズを満たすサービスを提供することで、既存ビジネスの拡充および新規ビジネスの開拓を促進していきます。

  • ロスペランブレス銅鉱山
    銅精鉱荷役(チリ)
  • センチネラ銅鉱山
    銅地金(チリ)
  • ボイン製錬所
    アルミ地金(豪州)


ページTOPへ