環境データ

環境データ

過去5年間の丸紅の省エネ、省資源、廃棄物削減の取り組み結果は以下の通りです。

★印の環境データは、KPMGあずさサステナビリティ株式会社による、国際監査・保証基準審議会の国際保証業務基準(ISAE)3000「過去財務情報の監査又はレビュー以外の保証業務」(2013年12月改訂)、ISAE3410 「温室効果ガス情報に対する保証業務」(2012年6月)及びサステナビリティ情報審査協会のサステナビリティ情報審査実務指針(2014年12月改訂)に準拠した第三者検証を実施し、保証を取得しています。

「独立した第三者保証報告書」はこちらよりご覧いただけます。

KPMG AZSA Sustainability Co., Ltd. Independent Assurance Report:

GHG(二酸化炭素)排出量(エネルギー由来)

  • 丸紅単体主要6拠点・Scope1
  • 丸紅単体主要6拠点・Scope2
  • 丸紅単体その他+連結子会社・Scope1
  • 丸紅単体その他+連結子会社・Scope2

二酸化炭素排出量推移グラフ

(単位:t-co2

Scope1 Scope2 総計
2013年3月期 148 5,238 5,386
2014年3月期 137 4,482 4,619
2015年3月期 135 4,380 4,515
2016年3月期 91 4,887 4,978
2017年3月期 41 3,425 3,466
626,237 277,706 903,943
計626,278 計281,131 907,409

エネルギー消費量(2013年3月期~2016年3月期は電力消費量)

  • 丸紅単体主要6拠点
  • 丸紅単体+連結子会社

電力使用量推移グラフ

(単位:千kWh)

丸紅単体主要6拠点の電力消費量
2013年3月期 11,221
2014年3月期 9,554
2015年3月期 9,473
2016年3月期 9,167

(単位:千GJ)

丸紅単体及び連結子会社の
エネルギー消費量
2017年3月期 12,740

2017年3月期の丸紅単体主要6拠点の電力消費量は7,239千kWhでした。

水使用量

  • 丸紅単体主要6拠点
  • 丸紅単体その他+国内海外の連結子会社
水道使用量推移グラフ

(単位:千m3

2013年3月期 108
2014年3月期 96
2015年3月期 97
2016年3月期 91
2017年3月期 51,025

廃棄物発生量

  • 丸紅単体主要6拠点
  • 丸紅単体その他+国内海外の連結子会社
廃棄物排出量推移グラフ

(単位:トン)

2013年3月期 706
2014年3月期 580
2015年3月期 531
2016年3月期 791
2017年3月期 108,539

紙使用量〈A4判換算枚数〉

紙購入量〈A4判換算枚数〉推移グラフ

(単位:千枚)

2013年3月期 40,499
2014年3月期 42,599
2015年3月期 42,659
2016年3月期 39,288
2017年3月期 30,841

リサイクル率

リサイクル率推移グラフ

(単位:%)

2013年3月期 83.5
2014年3月期 92.4
2015年3月期 91.9
2016年3月期 94.6
2017年3月期 88.7

グリーン購入比率

グリーン購入比率推移グラフ

(単位:%)

2013年3月期 84.8
2014年3月期 86.5
2015年3月期 86.6
2016年3月期 85.8
2017年3月期 87.6

データ集計対象拠点

2012年3月期から
2016年3月期まで:
丸紅株式会社の主要6拠点(東京本社と北海道支社、名古屋支社、大阪支社、九州支社、静岡支社)。なお、2015年度の実績について、大阪支社は2015年7月に移転し、移転した月は、移転前と移転後の両拠点のエネルギー使用量を算入しています。
2017年3月期実績:
丸紅株式会社及び国内・海外の連結子会社。ただし、米国北部を拠点とする穀物集荷、輸出事業会社とHelena Chemical Company、清算・売却方針決定済みの子会社は含まれていません。

GHG(二酸化炭素)排出量(エネルギー由来)

  • 燃料及び蒸気のCO2排出係数は、地球温暖化対策推進法の係数を使用。
  • 電力の排出係数:
    丸紅株式会社については、環境省発表の電気事業者別二酸化炭素排出係数(実排出係数)を使用。国内および海外の連結子会社については、国際エネルギー機関(International Energy Agency, IEA)による国別のCO2排出係数(CO2 emissions per kWh from electricity generation)の2014年値を使用。
  • 都市ガスの排出係数:
    2012年3月期から2015年3月期まで、主要6拠点が所在する地域の各ガス会社が発表する排出係数を使用。
    2016年3月期からは、地球温暖化対策推進法の係数を使用。
廃棄物量
  • 有価物は含みません。
エネルギー使用量
  • 電力の単位発熱量は、3.6GJ/MWhを使用。
  • 燃料は地球温暖化対策推進法の単位発熱量を使用。
  • バイオマスエネルギーは含みません。

環境会計

東京本社、5支社(北海道・静岡・名古屋・大阪・九州)における2017年3月期の環境保全コストは以下の通りです。

分類 (単位:千円)
事業エリア内コスト
主たる事業活動により事業エリア内で生じる環境負荷を抑制するための環境保全コスト
433,978
上・下流コスト
主たる事業活動に伴ってその上流または下流で生じる環境負荷を抑制するための環境保全コスト
14,782
管理活動コスト
管理活動における環境保全コスト
461,922
研究開発コスト
研究開発活動における環境保全コスト
0
社会活動コスト
社会活動における環境保全コスト
13,889
環境損傷対応コスト
環境損傷に対応するコスト
0
合計 924,571

※環境省『環境会計ガイドライン2005年版』の分類に従い集計したもの

環境保全効果/経済効果

丸紅の2017年3月期の廃棄物削減活動の環境保全効果と経済効果は、以下の通りです。

環境保全効果(廃棄物排出量) 経済効果(処理費用)
359トン減 4,958千円減

※環境保全効果/経済効果は、「前年度実績値-当年度実績値」により算出。
※集計範囲:東京本社、支社(北海道・静岡・名古屋・大阪・九州)




ページTOPへ