環境マネジメントシステム

丸紅グループは、全世界で多岐にわたる事業活動を展開しています。それらの活動から生じるさまざまな環境負荷をできるだけ低減するよう、常に環境への配慮を心がけ、最大限の努力を行なっています。

環境方針と体制

方針・体制

丸紅グループは、CSR・環境委員会が中心となり、地球環境に配慮した経営に努めています。
1998年、『丸紅グループ環境方針』を制定し、丸紅グループ全体で積極的に環境保全活動に取り組む姿勢を明確にしています。

丸紅グループEMS組織図はこちら

丸紅グループ環境方針(2016年4月改訂)

基本理念

良き企業市民としての責任を自覚し、人間社会の繁栄と地球環境の保全との調和を図りながら、持続可能な社会の実現に向けて最善を尽くす。

基本方針

丸紅グループのグローバルかつ広範な活動分野に鑑み、その環境マネジメントシステムの適用範囲を丸紅グループの全ての活動、製品及びサービスと定め、地球環境の保全に関する基本方針を以下の通り定める。

  1. 事業活動においては、常に環境への影響に配慮し、ステークホルダーと協力しながら、資源の有効利用、気候変動への取組み、生物多様性及び生態系の保護等を含む環境保全・環境保護、汚染の予防等、環境リスクの低減に努める。
    1. (1)国内外の環境関連の諸法令・規則、及び合意した協定等を順守する。
    2. (2)新規事業を開始する、或いは業務内容を変更する場合には、特に環境負荷の低減及び汚染の予防に配慮する。
    3. (3)省エネルギー※1、省資源、廃棄物削減、グリーン購入及び効率的業務の推進※2に取り組む。
    4. (4)環境を保全・改善する事業、商品、サービス、技術開発、社会システム等の提供に努める。
  2. この環境方針の精神に沿い、丸紅グループの環境パフォーマンスの向上のため環境マネジメントシステムの充実とその要求事項への適合の重要性を意識し、その有効性の継続的改善に努める。
  3. この環境方針を全ての役員、社員、及び丸紅グループのために働く全ての人に周知するとともに一般にも公開する。
  • ※11.(3)の「省エネルギー」には、事業場や物流における省エネルギーを含みます。
  • ※21.(3)の「省エネルギー、省資源、廃棄物削減」と「効率的業務の推進」のため、適切なメンテナンスを実施しています。

丸紅グループ 統合認証事業会社

環境方針で表明される丸紅グループとは、丸紅株式会社及び以下の統合認証事業会社を示します。

丸紅グループ統合認証対象組織

  • 丸紅株式会社
  • 丸紅情報システムズ株式会社
  • 丸紅パワーシステムズ株式会社
  • 丸紅ケミックス株式会社
  • 丸紅プラックス株式会社
  • 丸紅メイト株式会社
  • 株式会社山星屋
  • 丸紅紙パルプ販売株式会社
  • 丸紅サービス株式会社
  • 丸紅ペーパーリサイクル株式会社
  • (注)この統合認証対象組織のリストは常に環境方針とともに公開する。

環境マネジメントシステム

丸紅は、全社員が共通の認識をもって環境対策に取り組むべく、ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを導入しています。
丸紅は1998年にISO14001の認証を取得。その後、海外現地法人、丸紅グループ会社も必要に応じて取得し、2016年12月末現在、丸紅グループ全体で54社が取得しています。
環境マネジメントシステムでは、PDCAサイクルを用いており、環境への取り組みについて計画、実施および運用、点検、マネジメント・レビューを行うことで、継続的な改善を進めています。

5つの環境目的

丸紅グループは、『丸紅グループ環境方針』に則り、5つの環境目的に取り組むことにより、地球環境の保全、環境負荷の低減を進めています。

  • 案件推進にあたっての環境配慮の徹底
  • 環境に配慮した取引先との取り組み拡大
  • 事業会社運営における環境配慮の促進
  • 環境ビジネスの推進
  • 省エネ・省資源・廃棄物削減の実施



ページTOPへ