丸紅グループのCSR活動

基本的な考え方

丸紅グループは、社是「正(公正にして明朗なること)・新(進取積極的にして創意工夫を図ること)・和(互いに人格を尊重し親和協力すること)」の精神に則り、公正明朗な企業活動を通じ、経済・社会の発展、地球環境の保全に貢献する誇りある企業グループを目指しています。当社グループが社会・環境と共存・共栄し、持続的な成長を実現する企業となるためには、利潤を生み出す経済活動と、社会と環境を加えた3つの領域での価値・評価のバランスをとる必要があり、その実施がCSRマネジメントであると考えています。丸紅グループは、高い倫理観を持つ企業グループとしてCSRマネジメントを推進することで、すべてのステークホルダーから信頼される存在となることを目指しています。

丸紅グループのCSRマネジメントは、グループの役員・社員の考えや行動のみで実現するものではありません。ステークホルダーの意見に常に耳を傾け、ともに考え、実践していくことが不可欠であると考えています。丸紅は、さまざまなステークホルダーの利益・期待を追求し、信頼を得ることにより、グループの持続的な企業基盤を構築しています。

丸紅では、社是をはじめ、以下の方針に基づいてCSRマネジメントに取り組んでいます。また、CSRマネジメントを推進するにあたり、国際的な規範を参照して、取り組むべき課題を明確にするとともに活動の方向性を確認する一助としています。

サステナビリティにおける重要な課題と特定・見直しのプロセス

丸紅は、ステークホルダーの期待・関心および当社が環境・社会に及ぼす影響をふまえ、次の2つのテーマに沿った重要性(マテリアリティ)の高い課題(以下、「重要な課題」)を特定し、取り組んでいます。

  1. 当社グループの事業が環境・社会に及ぼす影響に対する責任を果たす
  2. 社会的および環境課題解決と競争力向上を同時に実現し、持続的な成長につなげる

また、サステナビリティにおける重要な課題と各営業グループ、コーポレートスタッフグループの計画・目標との関連性を示すCSR行動計画・目標を作成し、進捗の状況を定期的に開示しています。

CSR行動計画・目標はこちら

サステナビリティにおける重要な課題は、当社グループを取り巻く社会・環境の変化によって、常に見直し、再検討する必要があると考えています。具体的には、ステークホルダーとの対話、社会からの期待の確認、当社への影響を分析・検討を継続的に実施するなかで、定期的に見直しを行っています。

CSRを推進する体制

丸紅では、CSR活動を全社的に共有・推進していくための体制として、CSR・環境委員会を設置しています。年1回以上定期的に開催されるCSR・環境委員会では、気候変動や生物多様性保全への対応、サプライチェーンにおけるリスクマネジメントなど、当社グループの地球環境の保全およびCSRに関わる活動についての基本方針を討議するほか、営業グループおよびコーポレートスタッフグループ各部より活動の報告を受けています。CSR・環境委員会の委員長は代表取締役が務めており、取締役会は同委員会で討議された重要な事項の報告を定期的に受けることを通じて、監督を行っています。

さらに、グループレベルでのCSR活動を強化するため、全ての営業グループ、コーポレートスタッフグループ各部、支社・支店にCSR・環境責任者、CSR・環境担当者を配置しています。
CSR環境責任者、CSR・環境担当者は、環境マネジメントシステムの運用を担うと同時に、CSR強化に向けた取り組みについても担当しています。環境、CSRの両面から、当社におけるサステナビリティの重要性をそれぞれの組織で広める役割を担っています。




ページTOPへ