ステークホルダーとともに進めるCSR

丸紅グループは、世界のさまざまなステークホルダーに支えられて事業を行っています。ステークホルダーの期待・関心および当社が環境・社会に及ぼす影響を踏まえて、ステークホルダーの意見に常に耳を傾け、ともに考え歩みを進めていくことが重要であると認識しています。なお、いずれのステークホルダーも重要であり、優先順位を付すという考えはありません。

ステークホルダー 考え方 主な対話方法
顧客・取引先 顧客・取引先から信用される企業を目指し、安全性に十分配慮のうえ、社会的に有用な商品・サービスを開発・提供し、誠実な対応を通じて、満足度の向上、信頼の獲得に常時取り組みます。
  • アニュアルレポート、公式サイト
  • 丸紅行動憲章、サプライチェーンにおけるCSR基本方針に則った誠実な対応
  • 公式サイトのお問い合わせ窓口
  • サプライチェーンCSR調査
株主・投資家 事業環境の変化に対応し安定的な収益を確保するだけでなく、環境および社会分野においても企業価値の向上に努め、企業情報を積極的かつ公正に開示することで、株主の期待に応えます。
  • アニュアルレポートや公式サイト、株主レポート
  • 株主総会
  • 個人投資家向け説明会
  • IR活動
  • SRIインデックス調査機関からのCSRアンケート
地域社会 地域社会の一員として共生を図り、豊かな地域社会創造に貢献します。海外においては、地域の法令・文化・慣習を尊重し、現地の発展に貢献する経営に努めます。また、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、断固として対決します。
  • 丸紅基金による社会福祉助成事業
  • 海外での奨学金・寄付金を通じた支援
  • NGO/NPOとの協働
  • ステークホルダー・ダイアログ
  • 経済団体、業界団体を通じた諸活動
  • 企業訪問受け入れ
  • 丸紅コレクションを通じた文化的貢献
社員 丸紅グループ社員一人ひとりの価値観・人生設計を尊重します。また、あらゆる差別を撤廃し、誰もが快適に働ける職場環境を整備します。
  • 従業員意識調査の実施
  • 相談窓口(勇気の扉)
  • 丸紅グループ広報誌、社内イントラネット
  • 社員と経営層の対話
  • 従業員組合との話し合い
  • 研修



ページTOPへ