サプライチェーン・マネジメント

活動レビューと今後の目標

2016年3月期の活動レビュー

  • サプライチェーン労働基準に照らしてリスクの高い国に所在し、靴下・ニット製品の製造を行う仕入先を訪問調査しました。
  • サプライチェーンをはじめとする必要知識を学ぶe-Learning研修を実施し、約3,000人が受講しました。

今後の目標

  • サプライヤーに対するCSR訪問調査の継続実施
  • サプライチェーンに関する必要知識を含む研修の継続実施

ページTOPへ