PICK UP -丸紅グループ-

※ 掲載情報は取材当時のものです

丸紅エネルギー株式会社

事業内容

石油製品の国内販売・輸出入業務

  • 卸売事業
    特約店取引/バス会社・運送会社等需要家取引
  • サービスステーション事業
    リテール事業/トータルマネジメントシステム/自動車整備工場/ブランドケミカル/カードシステム/
    遊休施設有効活用
  • 産業エネルギー事業
    産業用燃料/船舶用燃料/アスファルト/潤滑油
  • 新規事業
    LNG(液化天然ガス)/バイオマス燃料

1976年創立、石油製品販売の国内大手

  • 代表取締役社長 竹下鉄弥
    代表取締役社長 竹下 鉄弥

丸紅エネルギーは、石油製品の国内販売・輸出入業務を主に担う総合エネルギー商社です。前身の丸紅石油が、丸紅の全額出資により設立されたのは1976年のことでした。1980年には船舶用重油、潤滑油の取扱業務を、1985年には液化ガス(LPG)部門業務を丸紅より継承し、現社名へ改称しました。2004年にはLPG部門業務を新設の丸紅ガスエナジーに承継して分割、同時に丸紅エネルギーには昭和シェル石油が資本参加し、エネルギー業界においてより安定した経営基盤を築くことになりました。

石油製品を、グループ企業との連携で全国に安定供給

丸紅エネルギーが企業戦略の重要な柱の一つと位置づけているのがサービスステーション(SS)事業です。系列特約店と、100%子会社であるマルネン(株)をはじめとしたSS運営会社が展開する直営店を合わせた、SSの数は全国で600カ所強にのぼります。SSに対するB to B(卸売り)と、B to C(小売り)もまかなう石油販売の現場を支えているのは強固な物流ネットワークで、全国6カ所(函館、千葉、七尾、名古屋、堺、門司の各都市)にて石油タンクを有しています。丸紅グループ全体の貯油能力は商社系ではトップクラスの規模を誇ります。丸紅エネルギーは、エネルギー物流専門の事業会社である丸紅エネックスとも協同し、石油製品を安定供給し続けることのできるインフラネットワークを築き上げています。

くらしと産業の明日を支える総合エネルギー商社としての核となる4つのビジネス分野

くらしと産業の明日を支える総合エネルギー商社としての核となる4つのビジネス分野


日本全国への安定的な供給体制は、産業エネルギー事業にも活かされています。発電やボイラー用の重油を主とした産業用燃料、船舶用燃料、潤滑油、そして輸入アスファルトまで。石油製品のすべてを丸紅エネルギーは取り扱い、日本全国に円滑に供給しています。


サービスステーション事業を深化させる

  • 日本全国に約650カ所のSSを運営
    日本全国に600カ所強のSSを運営
  • 丸紅エネルギー オリジナルのケミカル商品
    オリジナルのケミカル商品の販売にも注力している

LNG(液化天然ガス)など石油製品以外のエネルギーの供給も行う丸紅エネルギーですが、石油製品の販売強化、特にSS事業の深化が同社の当面の成長戦略となります。石油需要は全体としては人口減による緩やかな減少傾向にあり、SS業界は店舗の閉鎖や統合で再編が進んでいます。しかしEV(電気自動車)普及の遅れもあり、「石油を今後も重要なエネルギー源とする」ことを政府機関も明言していることから、丸紅エネルギーは積極的に強い販売グループの構築を進め、ネットワークの拡大を図っていく考えです。

ただしガソリンの利幅は近年、減少し続けてきました。不安定な中東情勢による原油価格の上昇や、円安の進行などによる調達コストアップを販売価格に転嫁できていないためです。そこでSSでは「油外」と総称される関連商品・サービス販売の重要性が年々高まっています。丸紅エネルギーは、独自ブランドの燃料添加剤や洗車関連・業務用商品などのケミカル商品や、クレジットカードのベニックスカードをはじめとした各種カードシステムを開発。SS向けトータル・マネジメントシステムの提供や、自動車整備工場を活用した車検・整備事業などと合わせ、SSを支えるさまざまな事業を展開しています。


最大の強みは、確かで豊かな人材の力

  • マルネンセルフ大里SS
    マルネン(株)セルフ大里SS

石油製品の販売は、産油国や精製法の違いなどによる品質の差がない、同一商品を売り競うビジネスです。そこで大切なのは人材。丸紅エネルギーグループ最大の強みは販売現場における人材の確かさ、豊富さにあります。2013年にはJX日鉱日石トレーディング(株)主催の「油外」の拡販コンテストにおいて、全国の名だたる優秀SSの中から、同社直系のマルネン(株)セルフ大里SS(山梨)が全国優勝を果たしました。丸紅エネルギーグループのSSスタッフは店舗ごとに行き届いた教育を受け、高い能力を備えています。

エネルギー業界は今後も激動が予想されています。その中で丸紅エネルギーは、確固たる経営基盤・方針の下で成長を続け、社会に不可欠なエネルギー資源の供給という使命を果たしていきます。


丸紅エネルギー株式会社

設立 1976年6月22日(営業開始8月1日)
本社 東京都千代田区神田駿河台2-2(御茶ノ水杏雲ビル9階・10階)
TEL 03-3293-4401
社員数 190名(2014年4月1日現在)
資本金 23億5千万円(2014年3月末日現在)
丸紅グループ出資比率 66.6%
ウェブサイト http://www.marubeni-energy.co.jp/index.html


ページTOPへ