PICK UP -丸紅グループ-

※ 掲載情報は取材当時のものです

丸紅ペーパーリサイクル株式会社

事業内容

  • 古紙の国内・輸入・輸出・三国間取引
  • 古紙集荷プラント等への事業投資
  • 古紙回収リサイクルシステムの企画・提案
  • 国内品・輸入品パルプの販売

「丸紅」の信用力・総合力・ネットワークを活かした、持続可能な古紙回収・調達システム


  • 代表取締役社長
    井原 信之

紙は再生に適した素材であり、一度使った紙(古紙)を回収してまた紙にするということは、ゴミを減らすのみならず、資源の有効活用につながります。丸紅ペーパーリサイクルでは、グループ企業であるウェル、興亜工業、福山製紙、丸住製紙をはじめ、全国の製紙会社・古紙業者と連携して古紙リサイクルに注力しています。

今や古紙は国際商品化し、中国をはじめ東南アジア諸国に輸出されています。丸紅ペーパーリサイクルは丸紅グループとして海外のネットワークを活用し、情報をいち早く掴むことで、海外のニーズにも幅広く対応しています。

古紙のリサイクリングシステムをご提案します

丸紅ペーパーリサイクルでは、全国で古紙回収の対応をしています。ご依頼を受けたオフィス・工場などで発生した古紙について、当社で回収業務を委託する最適な古紙問屋を選定し、加工を委託します。回収だけでなく、製紙会社で再生した紙(製品)を再びクライアントの元へ納入することも可能です。

機密書類・機密文書も資源です

丸紅ペーパーリサイクルでは、機密書類処理も全国で対応しています。当社協力業者にて機密情報を抹消し、紙は製紙会社にてリサイクルされます。少量からでも対応可能です。「機密保護」と「環境保護」、この両方の達成をサポートします。

丸紅ペーパーリサイクル株式会社

設立 2001年2月
本社 東京都中央区日本橋二丁目7-1 東京日本橋タワー
TEL 03-3282-4497
社員数 13名(2016年4月現在)
資本金 2億円
丸紅グループ出資比率 100%
ウェブサイト http://marubeni-pr.com


ページTOPへ