広報部員プラッシーがお届け! こぼれ話

今回は丸紅とフィリピンの
強い絆についてお伝えします。

丸紅・フィリピン100年史を発刊しました!


  • 表紙

  • マニラの麻倉庫

  • 奨学基金授与セレモニー

丸紅とフィリピンには実は100年以上の長い歴史があることを知っていましたか?

日本とフィリピンが国交正常化60周年を迎えた2016年、丸紅は記念誌『Golden Age in the Philippines -丸紅・フィリピン100年のあゆみ-』を発刊しました!年代を追ってフィリピンとの関わりが紹介されており、掲載されているたくさんの写真からも丸紅とフィリピンの長い歴史を感じ取ることができます。

丸紅とフィリピンの関係は、1909年のマニラ麻の輸出からはじまり、その後は、プラント建設、電力、鉄道、水事業などのビジネスを展開してきました。また、フィリピン奨学基金を創設し、職業訓練学校の学生を支援するなど社会貢献活動にも取り組んでいます。好調なときも、苦しいときも、100年以上にわたって共に歩んできたんですね。

長い時間をかけて築いてきたフィリピンの方々との絆を大切にしながら、これからも丸紅の貴重な財産として受け継いでいきます。

『Golden Age in the Philippines -丸紅・フィリピン100年のあゆみ-』

100年以上も関係が続いているんやな。
すごいな~!



ページTOPへ