2013年

アイルランドの再生可能エネルギー事業者Mainstream Renewable Power Ltdへの出資参画の件

2013年8月5日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、アイルランド・ダブリンに本社を置くMainstream Renewable Power Ltd(以下、Mainstream社)から最大1億ユーロの第三者割当増資を引受け、創業者に次ぐ25%超の第二位株主となることで基本合意致しました。今後、株主の承認プロセスを経て、出資実行となる予定です。

Mainstream社は、陸上風力・洋上風力・太陽光発電事業を世界規模で開発しており、サイトの確保、風況解析、許認可の取得等に強みを有しています。同社は、2008年に設立されて以降5年半余りの間にアイルランド、英国、ドイツ、南アフリカ、チリ、米国、カナダの7カ国で約19,000MWにのぼる陸上風力・洋上風力・太陽光発電の権益を開発するまでに事業基盤を拡大しています。
Mainstream社は、欧州では、英国沖合にHornsea 6,000MWの洋上風力発電をSiemens Financial Servicesと共同開発している他、スコットランド沖合ではNeart na Gaoithe 450MW洋上風力発電を開発しております。南米チリではインフラファンドのActis LLP社とUS$14億規模の陸上風力・太陽光発電事業を行うことで合意しており、南アフリカでの保有開発権益は5,000MWを上回ります。

丸紅は、全世界における総発電設備容量約33,000MW、出資持分換算で約10,000MWを保有し、日系独立発電事業者として最大の事業者です。欧州再生可能エネルギー事業分野では、2011年11月に英国ガンフリートサンズ洋上風力発電所へ参画し、翌2012年5月にシージャックス社を買収して、特殊船を用いた洋上風力発電所据付事業へ参入するなど、順調に事業分野を拡大してきました。
発電事業は一般的にサイト確保・許認可取得の「開発ステージ」、総工費の資金調達後にはじまる「建設ステージ」、完工・引渡後の「操業ステージ」に大別できます。今般、「開発ステージ」に強みを持つMainstream社への出資参画を通じて、開発事業への取組みを本格化し、さらなる電力事業の拡大と深化を図って参ります。

 

<Mainstream Renewable Power Ltd概要>
設立  :2008年
所在地 :アイルランド・ダブリン
代表者 :Eddie O’ Connor
Web  :
www.mainstreamrp.com
事業内容:再生可能エネルギーの開発事業

  • 保有権益MAP

ページTOPへ