2014年

長野県茅野市における小水力発電所稼動・竣工式開催の件

2014年5月26日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、100%子会社の三峰川(みぶがわ)電力株式会社(以下「三峰川電力」)による蓼科第二発電所(長野県茅野市)の建設が2013年12月に完工し、本年1月15日より商業運転を開始したことを受け、本日竣工式を開催致しました。事業主は三峰川電力100%となります。

本事業は、長野県茅野市糸萱区の渋川大橋脇にある滝之湯堰土地改良区農業用水路に小水力発電所を設置したもので、すでに運転中の三峰川電力が所有する蓼科発電所(2011年6月運転開始)と同一水系にあることから、メンテナンスの効率化などのシナジー効果が期待されます。
本事業から得られる年間発電量は、一般家庭約270世帯の年間電力消費量を見込んでおり、発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し売電しております。

東日本大震災後、再生可能エネルギーへの関心が高まる中、2012年7月より再生可能エネルギーの固定価格買取制度が施行されました。その中でも小水力発電事業は大規模なダム建設と比較して自然豊かな日本風土への環境負荷が低く、今後電源の多様化が進む中で大きな可能性を持つ電源の一つとして注目されています。

三峰川電力は蓼科発電所運営により、経験を培うと共に、地元茅野市及び滝之湯堰土地改良区との友好関係を築いてきました。今後も茅野市において、小水力発電を始め、潜在する資源を利活用し事業化を進めて行く事で、同市が目指す自然エネルギーを活用する未来のまちづくりに協力・貢献したいと考えています。

丸紅は2006年から小水力発電の運営を行い、本件は三峰川(長野県伊那市・2か所)、蓼科(長野県茅野市・1か所)、北杜(山梨県北杜市・3か所)に続く国内7か所目の案件になります。今後、丸紅は2020年までに国内30か所程度の中・小水力発電所の開発を目指し、全国で環境に優しい再生可能エネルギーの創出に積極的に取り組んでいきます。


以 上

 

三峰川電力株式会社
本   社:東京都千代田区大手町1丁目4番2号
発電事業所:長野県伊那市長谷黒河内2895
資 本 金:2.5億円
売 上 高:約10億円


三峰川電力株式会社 長野県茅野市小水力発電所

施設名  所在地 認可出力
蓼科発電所 茅野市北山地内(蓼科区) 260kW
蓼科第二発電所 茅野市北山地内(糸萱区) 141kW

     
長野県茅野市
面 積:265.88km2
人 口:55,561人(2014年4月1日現在)
市 長:柳平 千代一
市役所:長野県茅野市塚原6番1号

ページTOPへ