2014年

福島県下郷町で小水力発電事業を実施する件

2014年7月10日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、100%子会社である三峰川電力株式会社(以下「三峰川電力」)を通じて、福島県南会津郡下郷町(しもごうまち)において小水力発電所を建設し、発電事業を行います。三峰川電力が事業主となり、2015年4月より商業運転を開始する予定です。

福島県は、東日本大震災復興構想会議でまとめられた「復興への提言~悲惨の中の希望~」において、再生可能エネルギー先駆けの地とすべきと提言されております。本件は、福島県南会津郡下郷町内の公有地や民有地を活用し、同町内を流れる阿賀川水系大沢川の流水を利用する発電事業で、福島県内における再生可能エネルギー発電設備等の導入事業に対して補助する、「福島県市民交流型再生可能エネルギー導入促進事業」として採択されました。

本発電所は東日本大震災後に南会津郡内に建設される初めての小水力発電設備です。発電出力は175kW、年間予想発電量は約100万キロワット時で、年間発電量は一般家庭約300世帯の年間電力消費量に相当します。発電した電力は再生可能エネルギーの固定買取制度を活用し、完工後20年間売電します。

三峰川電力は小水力発電所運営によって培ってきた経験と、下郷町との良好な関係を生かして、地域に根差した小水力発電事業を行います。下郷町は「下郷町新地域エネルギービジョン」を策定するなど、再生エネルギーの導入可能性の検討を進めており、中でも小水力発電に期待を寄せていることから、今後も同町における小水力発電事業を進め、協力・貢献したいと考えています。

三峰川電力は2006年から小水力発電の運営を行い、本件は三峰川(長野県伊那市・2か所)、蓼科(長野県茅野市・2か所)、北杜(山梨県北杜市・3か所)に続く国内8か所目の案件です。今後、三峰川電力では2020年までに国内30か所程度の中・小水力発電所の開発を目指して、全国で環境に優しい再生可能エネルギーの創出に積極的に取り組んでいきます。


以 上

 

三峰川電力株式会社
本   社: 東京都千代田区大手町1丁目4番2号
資 本 金: 2.5億円
発 電 所 数: 15か所(本件含む水力発電所10か所、太陽光発電所5か所)
発 電 容 量: 37,981kW(水力発電34,491kW、太陽光発電3,490kW)

三峰川電力株式会社 花の郷発電所
所 在 地: 福島県南会津郡下郷町(大沢地区・中山地区)
認 可 出 力: 175kW

福島県下郷町(しもごうまち)
面   積: 317.09km2
人   口: 6,275人(2014年5月1日現在)
町   長: 星 學
町 役 場: 福島県南会津郡下郷町大字塩生字大石1000番地

 

ページTOPへ