2015年

欧州化学大手Solvayグループ工場・施設向け熱電併給事業に共同参画する件

2015年3月5日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、欧州化学品製造大手Solvayグループ(以下「Solvay」)傘下Solvay Energy Services SAS、及びフランス預金供託公庫子会社CDC Infrastructure SAS(以下「CDCI」)と共に、フランスに合弁会社を設立し、Solvayがフランス/リヨン市に保有するポリマー工場、食品添加物工場、及びその他関連施設向けに熱電併給事業を行う長期契約を締結しました。

丸紅は、2013年9月からSolvayがフランス/ラ・ロシェル市に保有するレアアース工場向けに熱電併給事業を行っています。本件が、フランスで二件目の熱電併給事業となります。

本件は、フランス/リヨン市ローヌ川沿いのケミカルバレーと呼ばれる化学工場密集地帯にて、合弁会社がガスタービン発電機(42.7MW)、排ガスボイラー(蒸気毎時90トン)、及びガス焚きボイラー(蒸気毎時180トン)を保有・運転し、近隣のSolvay 4工場、及び外部2工場向けに効率的な熱電併給を行うものです。近隣地域では今後も引き続き高い熱蒸気需要が見込まれる為、本件の安定操業を確認後、更なる供給エリアの拡大を検討する予定です。

Solvayは、欧州を初め米州、アジアに110以上の製造拠点を有する世界トップクラスの化学品メーカーで、競争力の更なる向上を図る為、傘下工場のエネルギー効率改善に取り組んでいます。また、CDCIは、フランス政府100%保有の預金供託公庫CDC傘下の、エネルギー・インフラ関連設備投資を管轄する子会社で、欧州域内のエネルギー効率改善プロジェクトを促進する役割を担っています。

丸紅は、本件に続き、欧州、米州、アジアのSolvay及びその他企業の工場向けの熱電併給事業を段階的に拡大し、産業分野におけるエネルギー効率の改善、及び関連インフラの普及に貢献していきます。


以 上


【Solvayグループの概要】
会社名  Solvay SA
本社   ベルギー・ブリュッセル
創業   1863年
代表者  Jean-Pierre Clamadieu(ジャン-ピエール クラマデュ)
事業内容 化学品製造・販売
売上   EUR9,938百万
総資産  EUR18,433百万
格付   BBB+(S&P)、Baa1(Moody’s)


【フランス預金供託公庫概要】
会社名  Caisse des Dépôts et Consignations
本社   フランス・パリ
創業   1816年
代表者  Jean-Pierre Jouyet(ジャン-ピエール ジュイエ)
事業内容 政府の意向を受けた分野への資金提供の実施(不動産、社会インフラ、
     再生可能エネルギー、文化遺産、中小企業向け支援)
純利益  EUR2,298百万
総資産  EUR133,933百万
格付   AA+(S&P)、Aa1(Moody’s)

 

ページTOPへ