2012年

英国の洋上風力発電設備据付会社を産業革新機構と共同で買収する件

2012年3月19日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)は(株)産業革新機構(以下「産業革新機構」)と共同で、英国にて洋上風力発電設備据付の大手であるSeajacks International社(以下「シージャックス社」)の事業を、米国投資ファンドのRiverstone Holdings LLC社より100%買収することに合意致しました。当社及び産業革新機構は各々50%出資致します。本件は、今後、飛躍的な市場拡大が見込まれる洋上風力発電事業をターゲットにした特殊船による据付事業への日本企業として初の本格参入となります。


シージャックス社は、英国を中心とした北海地域において、洋上据付サービス専用の特殊船を保有し、洋上風力タービン発電機の据付ならびにオイル&ガス洋上プラットフォーム設備へのサービスを主要業務とし、業界でのリーディングカンパニーとして更なる成長が期待されています。
再生可能エネルギーによる発電が盛んな欧州において、洋上風力発電は欧州各国政府の強い推進政策の下で急速に成長しており、北海において今後10年間で約40,000MW(新規原子力発電所約40基分の発電量に相当)の洋上風力発電所の新規建設が計画されています。洋上風力発電の据付用特殊船による据付サービスへの需要は非常に高く、さらに今後拡大するメンテナンスサービス等の事業機会にも積極的に取組んで参ります。


当社は、これまで海外で累計約96,000MWの発電所建設EPC(*1)の実績を有し、ネット保有発電容量で約8,700MWの発電資産を保有、既に発電所のオペレーション・メンテナンス事業への展開を進めており、当社が保有する経験・ノウハウを活かし、洋上風力発電の据付事業へ本格参入します。洋上風力発電事業においては2011年11月に英国ガンフリート・サンズ洋上風力発電事業へ参画しており、シージャックス社の買収により洋上風力発電業界におけるバリューチェーンの拡大を図っていきます。再生可能エネルギーの中でも洋上風力発電は技術革新により大容量で効率の良い発電技術として更なる拡大が見込まれており、将来、洋上風力発電の導入が見込まれる北米や日本、その他のアジア地域における事業展開も目指していきます。

*1) Engineering, Procurement & Construction


Seajacks International, Ltd.社 概要
設立  : 2006年
所在地  : 英国ノーフォーク州グレートヤーマス
代表者  : Blair William Ainslie
Web  :
www.seajacks.com
事業内容 : 洋上風力発電タービン・付帯設備据付事業
         洋上オイル&ガスプラットフォーム向けサービス事業

(株)産業革新機構 概要
設立  : 2009年7月
代表者  : 代表取締役社長 能見公一
Web  : 
www.incj.co.jp 

≪Seajacks社保有船≫



以 上



ページTOPへ