2012年

韓国における大型複合火力発電所設備3連続受注の件

2012年3月22日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、三菱重工業株式会社(以下「三菱重工」)等と共同で、韓国向けに新平澤(2nd Pyeongtaek)複合火力発電所、東豆川(Dongducheon)複合火力発電所及び新蔚山(Ulsan #4)複合火力発電所向け発電設備納入の3案件を連続受注致しました。3件合計で、総出力は約3,800MWとなります。

新平澤複合火力発電所は、韓国電力の子会社である韓国西部発電株式会社(以下「韓国西部発電」)が京畿道に建設する出力約950MWの発電所で、当社は三菱重工と共同で、三菱重工製最新鋭M501J形(J形)ガスタービン*2基のほか、蒸気タービン、発電機も受注致しました。

東豆川複合火力発電所は、東豆川ドリームパワー(Dongducheon Dream Power)が京畿道に建設する出力約1,900MWの発電所で、J形ガスタービン4基に加え、蒸気タービン2基、発電機なども併せて受注致しました。同社は韓国西部発電、三星物産株式会社および現代産業開発株式会社の3社出資によるIPP(Independent Power Producer)で、当社と三菱重工は、三星物産株式会社と現代産業開発株式会社に主要機器を納入します。

新蔚山複合火力発電所は、韓国電力の子会社である韓国東西発電株式会社(以下「韓国東西発電」)が蔚山広域市に建設する出力約950MWの発電所で、当社は、三菱重工及び大林産業株式会社(韓国)と共同で、J形ガスタービン2基、蒸気タービン、発電機、排熱回収ボイラー等、発電設備一式の納入及びこれに関連する土木・据付工事を請負います。

両社の同種発電設備納入の豊富な実績と三菱重工の技術的な信頼性、さらに高効率な発電設備の経済性が高く評価され、今回の受注に至りました。
今回の受注は、2010年に韓国東西発電向けに受注した唐津(Dang Jin) 超々臨界圧石炭火力発電所9,10号機向け蒸気タービン発電機供給契約以来の韓国における両社共同受注となります。韓国では、今後も新規大型火力発電設備の建設が多数計画されており、両社は、本件のように共同受注する事によるメリットを最大限に生かせる案件を模索しながら、同国での更なる受注を目指します。

 *  M501J形ガスタービンは、三菱重工が独自技術により開発した60Hz機であり、これまで最高を誇ったG形ガスタービンの入口温度 1500℃をさらに100℃高めた最新鋭機で、これにより、ガスタービン定格単機出力で約327MW、排熱回収ボイラーおよび蒸気タービンを組み合せたGTCC発電では出力約470MWを実現(1(ガスタービン)-1(ボイラー)-1(蒸気タービン)コンビネーションの場合)、発電端熱効率も世界最高水準の60%以上(低位発熱量)を達成する。また、環境負荷の低減に大きく貢献するのも特徴で、複合火力発電にJ形ガスタービンを用いると、従来型石炭焚き火力発電と比べCO2排出量を約50%低減することができる。


以  上



ページTOPへ