2012年

フィリピン・マニラ首都圏都市鉄道(MRT 7号線)建設契約受注の件

2012年5月15日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)とフィリピン大手建設会社D.M. Consunji Inc.(以下「DMCI」)の2社(以下「コンソーシアム」)は、マニラ首都圏北部に全長約23 km、14駅及び車両基地から成る高架式鉄道システム一式、及びバスターミナル建設事業を受注し、5月11日にマニラにおいて建設請負契約に調印いたしました。契約金額は米ドル換算約10億ドル(邦貨換算約800億円)で、工期は着工より42ヶ月、全線開通は2016年6月頃を予定しております。


建設計画の実施機関はUniversal LRT Corporation(BVI)Limited(以下「ULC」)で、フィリピン政府より、この鉄道システム一式及びバスターミナルに関する25年間の建設・運営・保守の事業権を取得しています。ULCの過半数シェアは同国大手コングロマリットSan Miguel Holding Corporationが保有しております。

MRT 7号線は、既存線である1号線と3号線が乗り入れる北端駅より更に北部に位置するサンホセデルモンテ駅(ブラカン州)までの14駅、23 kmを結ぶものです。開業後は北部に建設が予定されている住宅地・商業施設からマニラ首都圏へのアクセス利便性が格段に高まることになります。

丸紅はコンソーシアムリーダーとして、MRT 7号線建設プロジェクトのマネジメントおよび鉄道システム一式(車両108両、信号、通信、自動改札、変配電、車両保守設備)の設計・製造・据付・試運転を担当、DMCIは駅舎(14駅)、高架(一部地下)、車両基地、バスターミナルの建設および軌道工事を担当します。

フィリピンにおいて、丸紅は運輸通信省傘下のフィリピン国鉄の軌道改修案件、軽量交通公社(Light Rail Transit Authority)が運営するマニラLRT 1号線増強案件、マニラMRT 2号線建設案件(2004年開業)など、鉄道システムの一部及び一括での建設・納入実績を有しております。DMCIは、丸紅との協業を含む多くの鉄道工事実績がある他、グループ会社にて電力、水、道路などインフラ事業を展開しています。

今回は車両・車両電気品・信号の主要設備をそれぞれ(株)総合車両製作所、(株)東芝、日本信号(株)より供給しますが、これは日本の鉄道技術がULCから高く評価された結果です。また、ULCは国際協力銀行の融資を検討中で、現在交渉を進めています。

丸紅は、今後もフィリピンのみならず、新興国を中心とする海外市場において日本の鉄道インフラシステム輸出に貢献していきます。


D.M. Consunji Inc.(DMCI社)概要
設立:1954年
所在地:Makati City, Philippines
代表者:Mr.Jorge A. Consunji (President)
Web:
http://www.dmcinet.com
事業内容:土木、建設、不動産開発

Universal LRT Corporation(BVI)Limited(ULC社)概要
設立:2001年
所在地:Hong Kong
代表者:Mr.Ramon See Ang (CEO)
事業内容:MRT7号線事業の為に設立された特別目的会社



以  上



ページTOPへ