2012年

ベネズエラ国鉄向け 増備車両受注の件

2012年10月10日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、日本車輌製造株式会社(以下、「日本車両」)および、株式会社東芝(以下、「東芝」)と共同で、ベネズエラ国鉄(Instituto Ferrocarriles del Estado)より近郊型電車13編成(52両)の供給案件を受注致しました。車両部分は日本車両、電機制御部分は東芝が担当し、完成車両を納入するものです。納期は30ヶ月を予定しています。

丸紅は、1992年と2004年の2度にわたる受注契約により、イタリア、ベネズエラ企業との国際コンソーシアムの一員として、ベネズエラ国鉄に対し、首都カラカス市と近郊衛星都市クアを結ぶ42km(2006年営業運転開始、複線交流電化路線)の路線に、日本車両と東芝製の車両13編成(52両)を供給し、また、車両保守工場・基地設備、信号・通信・駅内サービス関連設備、予備品を納入しております。本案件は、同路線への増備車両の納入であり、丸紅の鉄道プロジェクトにおける機器調達、プロジェクトマネージメント・ファイナンス組成能力と、日本車両・東芝の優れた設計、高い技術力、既存車両の性能が客先に高く評価され、今回の受注に至ったものです。

本案件は、カラカス近郊における慢性的な交通渋滞解消を目的としており、ベネズエラ国鉄の乗客輸送能力を大きく改善することが期待されています。
ベネズエラ・ボリバル共和国では13,000kmの国家鉄道網整備計画が進められており、丸紅はこれまでの実績を強みに、今後の新線計画においても受注獲得を目指すと共に、同国の更なる経済発展に貢献していきます。


以  上


<<今回受注した近郊型電車のイメージ図>>



ページTOPへ