2012年

バングラデシュ電源開発公社から同国最大級の複合火力発電所建設請負契約を受注

2012年12月27日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、バングラデシュ電源開発公社(Bangladesh Power Development Board、以下「BPDB」)より、総出力約400MW(40万キロワット)のビビヤナ複合火力発電設備建設一式を、韓国の現代建設(Hyundai Engineering & Construction Co., Ltd)と共同で受注、2012年12月26日にバングラデシュのダッカ市に於いて契約調印しました。


当社はバングラデシュにおいてハリプール100MWガスタービン火力発電所2・3号機リハビリ契約、カルナフリ水力発電所4・5号機リハビリ契約の受注実績がある他、2011年2月にバングラデシュ発電会社(Electricity Generation Company of Bangladesh Ltd.)から受注した総出力410MW(41万キロワット)のハリプール複合火力発電所建設案件を現在履行中であり、当社のプロジェクト・マネジメント能力及び技術面・価格面での競争力がBPDBを含む同国の電力セクターより高く評価された結果として受注に至ったものです。

契約内容は、発電設備一式の納入及び土木据付工事を含むフルターンキーで、主要機器であるガスタービン並びに発電機を三菱重工業株式会社(発電機の製作は三菱電機株式会社)から、蒸気タービン並びに発電機を富士電機株式会社から調達し、2015年に完工する予定です。
完工すると、バングラデシュにおいて同国政府系電力会社が所有する発電所としては、ハリプール複合火力発電所と比肩する同国最大級の複合火力発電所となります。


バングラデシュでは慢性的な電力不足及び経済発展に伴う新たな電源開発が多く計画されています。当社は今後も同国の電力不足の緩和、インフラ整備、経済発展に引き続き貢献していく所存です。


バングラデシュ電源開発公社(Bangladesh Power Development Board)概要
所在地  : バングラデシュ ダッカ市
設立   : 1972年5月
事業内容 : 同国に於ける発電・配電事業

(*) 複合火力発電 ガスタービンを運転する際に発生する排熱を、排熱回収ボイラにて回収して蒸気を生成し、その蒸気を使って蒸気タービンを運転させる高効率の発電設備。



ページTOPへ