2012年

フィリピン・マニラ首都圏上下水道事業への参画

2012年12月27日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下、「丸紅」)は、フィリピンの上下水道事業会社であるMaynilad Water Services, Inc.(以下、「マイニラッド社」)の株式20%を取得することを決定しました。

マイニラッド社は、フィリピン政府との民間委託契約(以下、「コンセッション契約」)に基づき、マニラ首都圏の西地区全17市区をサービスエリアとして、浄水や下水処理サービスの提供、上下水道管路網の維持管理、検針や料金徴収までを含むフルコンセッション事業を行っております。サービスエリア内の人口は、フィリピンの人口のおよそ一割に相当する約9.5百万人※1であり、単一コンセッション契約に基づく民間水道事業としては、サービスエリア内の人口規模において世界最大です。

丸紅はマイニラッド社への参画にあたり、経済産業省のインフラ・システム輸出促進等調査を2011年度に、また国際協力機構の協力準備調査(PPPインフラ事業)(以下、「PPP F/S」)を2012年度に受託し、本事業の課題抽出と将来計画に関わる調査を実施してきました。マイニラッド社のサービスエリア内において、無収水率※2の削減と現状10%程度に留まる下水道普及率の向上が今後の経営課題となっています。丸紅は、国際協力機構によるPPP F/Sを通じた支援のもと、マニラ首都圏上下水道事業整備への海外投融資等の導入を目指しつつ、上述の経営課題解決へ向けた貢献を図るべく積極的に取り組んでいきます。

丸紅は、南米チリにて買収したAguas Decima社およびAguas Nuevas社を通じて、同様のフルコンセッション事業を行っております。また、中国においては30%を出資する安徽省の安徽国禎環保社を通じて、中国国内における下水処理事業への取り組みを展開しております。今回のマイニラッド社への参画は、アセアン地域における丸紅の水事業の基盤と位置付けており、傘下事業会社の運営を通じて獲得したノウハウを活用し、今後アセアン域内での民活上下水道事業を積極的に展開していきます。

※1 : 東京都23区の人口は約9百万人。
※2 : 造水量に対して、漏水・盗水や公共用途への無償提供等、売上に結びつかない水量の割合。現状は約40%。

 

【マイニラッド社概要】
本社所在地 : フィリピン共和国マニラ首都圏ケソン市
会社設立 : 1997年
資本金 : 約41億フィリピンペソ
現株主 : Metro Pacific Investments Corporation 56.80%
                DMCI Holdings Inc.    40.98%
                その他      2.22%
売上 :約138億フィリピンペソ(2011年)
URL :
http://www.mayniladwater.com.ph/

【マイニラッド社/主要浄水場】

【マイニラッド社/サービスエリア】



ページTOPへ