2013年

インドネシア・トラック部品鍛造加工事業への資本参加【伊藤忠丸紅鉄鋼】

2013年3月5日
丸紅株式会社

伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(本社:東京都中央区、社長 牛野健一郎)は、テーデーエフ株式会社(本社:宮城県柴田郡村田町、社長 佐々木誠)及び自動車部品工業株式会社(本社:神奈川県海老名市、社長 清水康昭)がインドネシアにおいて設立予定の商用車用部品の鍛造加工、鍛造・鋳造品機械加工、及び部品組立販売を事業内容とする合弁会社「PT.TJForge Indonesia(予定)」に資本参加(10%、約2.5億円)することを合意しました。

安定した経済成長を維持しているインドネシアにおいて、自動車の生産は順調に伸びております。とりわけ商用車生産は、2012年の約15万台が数年後には約25万台にまで増加すると言われており、アセアンにおける商用車の一大生産拠点になる見通しです。本事業は、商用車向け鍛造部品を製造する大型鍛造機をアセアン地域に初めて導入し、インドネシアを含む同地域内商用車メーカーへの鍛造部品等の供給を視野に入れた計画であります。

伊藤忠丸紅鉄鋼の本事業への参画は、急伸するインドネシア並びにアセアン域内の商用車需要に対応する体制を整える事が目的であり、現在推進中の「PT.PK Manufacturing Indonesia」におけるトラック用フレーム及びアクスルの製造販売事業に加えてこれまで手がけていない鍛造加工及び鍛造部品製造・販売分野への事業領域の拡大を図るものです。
伊藤忠丸紅鉄鋼は、パートナーとの長年に亘る取引関係をベースとして、インドネシアにおける事業経験や総合的なネットワークの強みを発揮する事で、本事業の順調な立ち上げと拡大に寄与していきたいと考えております。

<伊藤忠丸紅鉄鋼出資後の新会社概要>

会社名 PT.TJForge Indonesia(予定)
所在地 インドネシア西ジャワ州カラワン県
設立日 2013年3月(予定)
事業内容 鍛造粗材の製造・販売、鍛造品・鋳造品の機械加工、車両用部品等の組立販売
資本金 2,857億インドネシアルピア(約25億円)(予定)
株主構成 テーデーエフ株式会社 40.0%
    自動車部品工業株式会社 25.2%
    インドネシア現地法人 24.8%
    伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 10.0%

【お問い合わせ先】
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 経営企画部
TEL: 03-5204-3252

伊藤忠丸紅鉄鋼 ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ