2013年

(株)TMJがバイリンガルITアウトソーシングサービスを提供する(株)バイオスを完全子会社化、ITアウトソーシング業務拡大/バイリンガル人材調達を強化【TMJ】

2013年7月31日
丸紅株式会社

ベネッセグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 純一、以下TMJ )は、本日、バイリンガルでのITアウトソーシングサービスを展開する株式会社バイオス(本社:東京都港区、英文表記:BiOS, Inc.、以下バイオス )の全株式を取得し、完全子会社化することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

<バイオスとは>
バイオスは2010年に(株)リンクメディアより独立分社化した企業であり、バイリンガルでのITアウトソーシングサービスの実績は15年にわたります。具体的には、ヘルプデスクやデータセンター管理業務などの請負、バイリンガルIT人材の派遣・紹介など、IT技術に精通したバイリンガルスタッフを活用したサービスを提供し、大手外資系企業を中心とした80社以上の顧客企業の日本国内における事業活動を支援しています。また、欧州大手システムインテグレーター(情報システムの構築や運用・保守などを一括して請け負うサービスを提供する事業者)などを始め、世界各国に海外パートナーネットワークを保有しています。

< 完全子会社化の狙い>
今回、バイオスを完全子会社化した目的は、同社の強みであるITアウトソーシングサービスを新たに取り込むことで同領域の強化を図ると共に、バイリンガル人材の調達力を活かし、IT関連企業や外資系企業などの新たな層の顧客、業務の拡大に繋げていくことです。さらに、バイオスの顧客企業に対し、TMJが持つ広範なコンタクトセンター・BPOサービスなどを複合的に提供することが可能となります。
また、TMJは2002年に設立した中国でコンタクトセンター運営サービスを提供している益峰客戸関係管理(上海)有限公司(英語名 Value Communication Services, Inc.)をはじめ、ASEAN地域への展開を進めており、今後、バイオスが持つバイリンガル人材および海外パートナーネットワークを活用し、業務機会を創出します。

<株式会社バイオス 概要>

 設立  :  2010年8月25日
 本社所在地  :  東京都港区西麻布1丁目3-4六本木OGビル3階
 代表  :  代表取締役社長 和田 淳
 事業内容  :  1.バイリンガルITアウトソーシングサービス
      ・企業内ヘルプデスクやデータセンター管理業務の請負
      ・バイリンガルIT人材の派遣、紹介
     2.プロジェクト/シェアードサービス
      ・オフィス移転、ハードウェア/ソフトウェアの調達
      ・ITサービスデスク、オンサイト訪問ITサポート
 URL  :  http://www.biosjp.com

<株式会社TMJ概要>http://www.tmj.jp/

TMJは、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立された会社です。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコンタクトセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。
2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。コンタクトセンター事業に加え、バックオフィスを含むBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)領域へと事業を拡大しています。

設立 1992年4月
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
代表者 代表取締役社長 林 純一
資本金 300百万円(株式会社ベネッセホールディングス60%、丸紅株式会社 40%出資)
拠点 東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、北九州、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、上海(中国)
事業内容 コンタクトセンターの調査・設計、運営、および、コンタクトセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。企業内の人事系、総務系、経理系業務など、バックオフィス業務の受託・運営。

【マスコミからのお問い合わせ】  
総務課広報G 
pr@tmj.jp
TEL:03-6758-2016  
FAX:03-5389-5843

TMJ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ