2013年

コンタクトセンター・アワード2013オフィス環境賞「優秀オフィス環境賞」を受賞【TMJ】

2013年9月18日
丸紅株式会社

常に変化するオペレーションを想定したオフィスコンセプトが高く評価

 

このたび、株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林純一、以下、TMJ)は、働きやすい配慮がされたコンタクトセンターを表彰する「コンタクトセンター・アワード2013オフィス環境賞」において、優秀オフィス環境賞を受賞しました。

  • [TMJ] 優秀オフィス環境賞受賞

 

<「コンタクトセンター・アワード2013オフィス環境賞」とは?>
コンタクトセンター・アワードは、コンタクトセンターの現場における業務改善の取り組みを相互に称えあい、知識・経験を共有すること、さらには、受賞社資料の閲覧、ワークショップや交流会での発表と意見交換、申請内容の発表会、最終審査会、懇親会などの場を通じて、より実際に即した活動を知ることを目的に開催されています。2013年度より、優秀なオフィス設計や建築、地域の共生や環境にこだわった施設、また高度なITやセキュリティの展開された施設を選定・記録し、その活動と業績を広く社会に伝えることにより、英知としての活動の価値を浸透させることを目的として「コンタクトセンター・アワード2013オフィス環境賞」が新設されました。
9/12(木)に東京・品川のコクヨホールで開催された表彰式に、優秀賞を受賞した10社が登壇しました。TMJの受賞概要は以下のとおりです。

 

<「優秀オフィス環境賞」受賞概要>

活動テーマ: 「規模の増減や業務内容の変化に柔軟に対応するオフィスレイアウトの設計
(ファシリティスタンダード)の導入」(札幌第2センター)
受賞理由 : アウトソーシング業務の特性に合わせた柔軟なレイアウト変更や、予め想定した目的にかなう導線のデザインなど、ファシリティマネジメントを科学した使い勝手の良いセンターとなっている。常に変化するオペレーションを想定したコンセプトが素晴らしい。(表彰式での主催者コメントより抜粋)

 

 今回受賞した札幌第2センターは2009年の第22回日経ニューオフィス賞において、「北海道ニューオフィス奨励賞」および「札幌商工会議所会頭賞」も受賞しており、働く従業員が「誇りに思える環境」をコンセプトに設計されたオフィスは、従業員のES(従業員満足度)を高め、『コンタクトを科学する』という、TMJの目指すコンタクトセンター運営を実現できる空間となっています。

【ご参照】http://www.tmj.jp/news/detail.php?nid=39

  • TMJ「優秀オフィス環境賞」受賞

 

<ご参考>(コンタクトセンター・アワード2013運営組織)

【主催】株式会社リックテレコム コンピューターテレフォニー編集部
【共催】イー・パートナーズ(有)
【後援】(株)JDMコンサルタント

 

<株式会社TMJ概要>http://www.tmj.jp/

TMJは、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立された会社です。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコンタクトセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。
2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。2013年8月 バイリンガルITアウトソーサーのBiOS社を子会社化。コンタクトセンター事業に加え、バックオフィスを含むBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)領域へと事業を拡大しています。

設立 1992年4月
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
代表者 代表取締役社長 林 純一
資本金 300百万円(株式会社ベネッセホールディングス60%、丸紅株式会社 40%出資)
拠点 東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、北九州、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、上海(中国)
事業内容 コンタクトセンターの調査・設計、運営、および、コンタクトセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。企業内の人事系、総務系、経理系業務など、バックオフィス業務の受託・運営。

 

【マスコミからのお問い合わせ】  
総務課広報G  [
pr@tmj.jp ]
TEL:03-6758-2016  
FAX:03-5389-5843

TMJ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ