2013年

ベネッセグループのTMJ 札幌でコンタクトセンター拡大【TMJ】

2013年10月3日
丸紅株式会社

 ~10月から増員採用開始~

株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 純一、以下、TMJ)は、札幌第1センターを増床し、札幌拠点の受託能力を拡大いたします。

  • 札幌第1センター

札幌市は、台風や地震などの大規模な自然災害が少なく、BCP(事業継続計画)対策において同時被災の可能性が低い地域として注目されています。また、人口192万人を擁する大都市であり、かつ、コンタクトセンターの集積地でもあることから、経験豊富で優秀な人材が多く、魅力ある立地です。

今回、札幌駅前の8・3スクエア北ビルに設置している札幌第1センターを増床し、従来の360席からさらに約100席拡張いたします。また、30人以上を収容できる研修室、約50名対応の休憩室を併設いたします。既に顧客との契約も進んでおり、11月下旬より稼働が決定しています。それに伴い、10月より増員に向けた採用を開始いたします。

TMJは、BCP対策、優秀な人材の確保などの顧客ニーズに応じた戦略的な地方拠点整備を進めており、今回の札幌第1センターの拡張もその一環として行うものです。今後も札幌市を始めとした地方拠点の更なる拡張を目指してまいります。

<札幌第1センターの概要>

所在地 札幌市北区北八条西3-32 8・3スクエア北ビル
交通 JR札幌駅 徒歩3分
座席数 約460席(面積:約6,000m2) (既設センターも含めた最大稼働席数)

※ TMJは札幌市に3センターを設置しており、3センター合計座席数は約1,400席です。

 

<株式会社TMJ概要> (http://www.tmj.jp/
TMJは、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立された会社です。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコンタクトセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。
2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。2013年8月 バイリンガルITアウトソーサーのBiOS社を子会社化。コンタクトセンター事業に加え、バックオフィスを含むBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)領域へと事業を拡大しています。

設立 1992年4月
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
代表者 代表取締役社長 林 純一
資本金 300百万円(株式会社ベネッセホールディングス60%、丸紅株式会社 40%出資)
拠点 東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、北九州、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、上海(中国)
事業内容

コンタクトセンターの調査・設計、運営、および、コンタクトセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。
企業内の人事系、総務系、経理系業務など、バックオフィス業務の受託・運営。

【マスコミからのお問い合わせ】  
総務課広報G [
pr@tmj.jp ]
TEL:03-6758-2016  
FAX:03-5389-5843

TMJ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ