2013年

米国メキシコ湾における原油・ガスの洋上生産・処理サービス事業に参画する件

2013年2月6日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、米国大手石油・ガスインフラ企業であるWilliams Partners, L.P.社(以下「Williams」)との間で、同社が米国メキシコ湾において海底油田向けに実施する原油・ガス洋上生産・処理サービス事業(総事業費:約10億米ドル)の49%持分を取得することに合意、出資契約を締結しました。
また同時に、近年競争力が高まっている北米での石油化学製品製造事業、並びに、石油・ガス関連インフラ事業についても、共同開発推進に関わる覚書を締結しました。今後両社で包括的な協業を進めていくこととしています。

今回の出資は、Williamsが本事業の為に設立した米国法人Gulfstar One, LLC(以下「Gulfstar」)に丸紅が参画するもので、Gulfstarは、米国大手石油・ガス開発企業Hess Corporation及びChevron U.S.A. Inc.が所有する米国メキシコ湾Tubular Bells鉱区向けに原油・ガス生産・処理サービス契約を締結しています。同契約に基づき、Gulfstarはスパー型洋上生産・処理設備を米国にて建設中で、2014年度第1四半期からのサービス開始を予定しています。

丸紅は、これまでに豪州におけるガス処理・輸送・配給事業への参画など、石油・ガス生産・開発・処理・輸送・配給に関わるインフラ事業への取り組みに注力してきましたが、今回の事業参画、及び、Williamsとの提携によって更に幅広い地域及び事業種別での展開を進めていく予定です。

事業パートナーとなるWilliamsは、北米における石油・ガスインフラ企業最大手の一角で、年間ガス輸送量は3兆2千6百億立方フィート(米国全体の年間ガス消費量の約14%)の実績を有しています。同社は石油・ガス生産・処理・輸送サービス事業並びに石油化学事業等、幅広い分野での事業展開を図っており、丸紅は本件を契機に、同社との連携による北米での事業機会を拡大・発掘していきます。

<パートナー概要>

会社名 Williams Partners, L.P.
本社所在地 米国オクラホマ州タルサ
設立 2005
社長 Alan S. Armstrong
売上高 6,729百万米ドル(2011年度)
総資産 14,380百万米ドル(201112月末時点)
  • <対象鉱区所在地>

    <対象鉱区所在地>

<設備概要>

設備種別 スパー型浮体式洋上原油・ガス生産・処理設備
総事業費 約10億米ドル
原油・ガス生産能力 6万バレル/日、135百万立方フィート/日
  • <完成予想図>

    <完成予想図>



ページTOPへ