2013年

カタール国ラファン・リファイナリー2株式会社への資本参加

2013年4月22日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(本社:東京都千代田区、社長:國分 文也、以下「丸紅」)は、近く設立予定であるラファン・リファイナリー2株式会社の株式を1%取得することで他参画各社と合意し、2013年4月21日、合弁契約に調印しました。
本プロジェクトに参画する会社は当社に加え、カタール国営石油会社であるカタール・ペトロリアム(本社:カタール国ドーハ、社長:アルサダ同国エネルギー・工業大臣、以下「QP社」)、仏エネルギー大手トタール (本社:仏国パリ、社長:クリストフ・ド・マルジェリ)、出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:中野 和久)、コスモ石油株式会社(本社:東京都港区、社長:森川 桂造)、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島 彰己)となります。

丸紅は、2009年より操業を開始した製油所(第一系列、精製能力:日量14万6千バレル)を保有・運営するラファン・リファイナリー株式会社に出資参画(当社出資比率4.5%)しています。今回のラファン・リファイナリー2株式会社についても、第一系列と同規模の製油所(第二系列、精製能力:日量14万6千バレル)を建設し運営を行う計画です。2016年下半期の操業開始を予定しており、プロジェクトの総コストは、約15億米ドルとなる見込みです。

第二系列では、第一系列と同様、世界最大級の埋蔵量を誇るノース・フィールド天然ガス田から産出されるコンデンセートを精製して、ナフサ・灯油・軽油・LPガスなど付加価値の高い石油製品を生産します。軽油については、脱硫設備を新設し、環境負荷を軽減する製品の生産を通して、更なる付加価値の向上を図る計画です。また、第一系列と第二系列は一部施設の共有を行うことから、これまでの第一系列の事業性も改善される見込みです。

丸紅は、本件以外にもカタール国においてLNGプロジェクトをはじめ、様々な事業・ビジネスを展開しています。本資本参加を通じて資源関連事業のさらなる拡大を図ると共に、これまで培ってきた同国並びにQP社との関係をさらに強化していく考えです。


以 上



ラファン・リファイナリー2株式会社

設立年月 :2013年4月予定
所在地 :カタール国ドーハ
出資者(比率) :カタール・ペトロリアム(84%)、トタール(10%)
出光興産(2%)、コスモ石油(2%)、丸紅(1%)、三井物産(1%)


ページTOPへ