2013年

当社主要オフィスでの「省エネ・省資源・廃棄物削減活動」への取り組み結果について

2013年6月3日
丸紅株式会社

当社は、主要オフィス(*1)での「省エネ・省資源・廃棄物削減活動」の実施に関し、2007年8月に、2012年度における目標数値を設定し、削減への取り組みを進めてまいりました。このたび、2012年度における各数値を集計した結果、下記の通り、全て目標数値を上回る結果となりました。





2012年度目標 2012年度実績
主要オフィスでの
エネルギー使用量
2005年度比7%削減 2005年度比45.8%削減
東京本社での
廃棄物リサイクル率
リサイクル率80% リサイクル率92.1%
主要オフィスでの
グリーン購入比率
購入比率85%以上 購入比率86.8%


目標達成に向けて実施した具体的な取り組みとしては、次の通りです。

1. 省エネ:
2008年度以降、東京本社ビル(竹橋)では、空調効率を向上させる目的で高効率ターボ冷凍機・全熱交換機の導入、一部個別空調化、外気取入制御の採用を行いました。また、空調負荷を軽減する目的で、遮熱型・断熱型ブラインドの設置、窓ガラスへの遮熱フィルム貼付、屋上部分の遮熱処理を行うとともに、電力使用量のおよそ25%を占める本社内の蛍光灯や水銀灯などの照明器具の約90%(約10,700本)をLED照明器具に変更しました。
その結果、東京本社における2012年度の電気料金およびCO2排出量は、2010年度対比で、それぞれ約24百万円の削減(*2)、約1,680 CO2トンの削減となりました。

2. 廃棄物削減:
廃棄物の発生削減に努めるとともに、リサイクルを優先して行う処理委託業者を率先して起用することで、リサイクル率を大幅に向上させました。
また、主要オフィスの2012年度の処理費用は、2008年度に比べて約7百万円の削減となりました。

3. 省資源:
グリーン購入対応商品の拡充を図るとともに、社員に対して啓蒙を行った結果、購入比率の設定目標をクリアしました。


(*1)主要オフィス: 東京本社(竹橋及び三田別館)、4支社(北海道、名古屋、大阪、九州)、
1支店(静岡)の計7拠点
(*2)電気料金の削減額: 2010年度における電気料金単価で計算


以  上



ページTOPへ