2013年

タイ・PTT傘下企業との新規IPP事業共同開発に関わる覚書締結について

2013年6月14日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、6月13日付にてタイ国営石油・ガス会社PTT(以下「PTT社」)傘下のGlobal Power Synergy Company(以下「GPSC社」)との間で、タイ及び周辺国(ミャンマー・ラオス・カンボジア)(以下「対象地域」)における新規IPP(注1)事業の発掘・共同開発に関わる覚書を締結しました。

GPSC社は、天然ガス・石油関連を主なビジネスとするタイ国最大の上場企業であるPTT社グループが100%保有する発電事業子会社です。PTTグループの発電事業を集約・強化する目的で2013年1月に設立されました。現在約1,040MWの発電能力を有し、2022年までに約6,000MWまで引き上げる計画を立てており、経済・電力需要共に成長著しい対象地域を注力市場と定めています。

丸紅はPTT社グループと、石油製品・天然ガス並びに各種設備取引等で良好な関係を構築しております。電力分野においては、PTT社傘下の石油精製・石油化学大手であるアイアールピーシー社(IRPC Public Company Limited)向けEPC(注2)案件を受注し、2011年にコジェネレーション設備の引渡しを行いました。今回は、両社の長年に亘る良好な取引関係に加え、GPSC社が保有する対象地域の知見、及び当社が保有するIPP事業全般の豊富な開発実績が相互補完関係にあると判断し、覚書の締結に至ったものです。

丸紅は、中期経営計画「Global Challenge 2015」において、電力事業を注力分野と位置づけており、今後も積極的に優良電力資産の開発・獲得を目指します。

※注1: 「IPP」 = Independent Power Producerの略
※注2: 「EPC」= Engineering Procurement Constructionの略

 

 

<GPSC社概要>

企業名:

Global Power Synergy Company Limited

所在地: 555/2 Energy Complex Building B, 14th Floor, Vibhvadi
– Rangsit Road, Kwaeng Chatuchak, Khet Chatuchak, Bangkok 10900
株主構成: PTT Public Company Limited                        30.10%
PTT Global Chemical Public Company Limited   30.31%
Thai Oil Power Company Limited                     27.71%
Thai Oil Public Company Limited                     11.88%
                        計100%
設立: 2013年1月
業種: 発電事業
代表者: Mr. Jakchai Barlee(President)

                       



ページTOPへ