2013年

ガーナ沖T.E.N.油田向け大水深対応FPSO傭船事業への
三井物産、丸紅及び商船三井の参画、及び融資契約の締結について

2013年9月27日

丸紅株式会社
三井海洋開発株式会社
三井物産株式会社
株式会社商船三井


三井海洋開発株式会社(本社:東京都中央区、社長:宮﨑俊郎、以下「三井海洋開発」)、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)、丸紅株式会社(本社:東京都千代田区、社長:國分文也、以下「丸紅」)及び株式会社商船三井(本社:東京都港区、社長:武藤光一、以下「商船三井」)の4社は、三井海洋開発が推進しているガーナ沖T.E.N. (Tweneboa, Enyenra, Ntomme)油田向け大水深対応FPSO(注1)の長期傭船事業(以下「本案件」)に、三井物産、丸紅及び商船三井が出資参画し、本日付で本案件に対する融資契約を締結しました。

本案件は、三井海洋開発がオランダに設立済のT.E.N. Ghana MV25 B.V.社(以下「MV25社」)に三井物産、丸紅及び商船三井が出資参画し、傭船先に対してFPSOのリース及び操業・保守サービスを提供するものです。傭船先は英国の石油開発会社であるTullow Oil Plcの子会社で、T.E.N.油田のオペレーターであるTullow Ghana Limited社(以下「Tullow Ghana社」)であり、MV25社は同社と10年間(その後 1年毎に最大10 年の延長オプションあり)の長期傭船契約を2013年8月に締結済みです。

本案件に対する融資は、株式会社国際協力銀行(以下「JBIC」)、株式会社三井住友銀行(幹事行)、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、ING Bank N.V.及びABN AMRO Bank N.V.の協調融資によるもので、JBICにとって、ガーナで行なうFPSO事業に対する初のプロジェクトファイナンス案件です。

近年、西アフリカ沖合では新規の大規模油田が次々に発見されており、新規FPSOの需要が期待されます。T.E.N.油田は、ガーナ沖合約60kmに位置しており、オペレーターのTullow Ghana社、Anadarko Petroleum Corporation、ガーナ国営石油会社等の5社のコンソーシアムが保有しております。大型タンカーを改造して建造する本FPSOは、2016年に完工、同鉱区に据え付けられ、水深約1,500mの海底油田の開発に用いられる予定です。

注1) Floating Production, Storage & Offloading System:浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備

 

FPSO概要

 原油生産能力  8万バレル/日
 ガス生産能力  170百万立方フィート/日
 原油貯蔵能力  170万バレル
 係留方式  エクスターナル・タレット・ムアリング(水深約1,500メートル)


出資比率

  出資比率
 三井海洋開発株式会社 25.0%
 三井物産株式会社 30.0%
 丸紅株式会社 25.0%
 株式会社商船三井 20.0%



地図    

  • 地図


ページTOPへ