2013年

日本におけるデマンドレスポンスのための合弁会社を米国EnerNOC社と設立する件

2013年12月10日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下、丸紅)は、米国のEnerNOC, Inc.(以下、EnerNOC)と、日本においてデマンドレスポンス(※1、以下DR)を提供することを目的とした合弁会社を共同で設立することに合意いたしました。新しい合弁会社の名前はエナノック・ジャパン株式会社(英語表記 EnerNOC Japan KK、以下、エナノック・ジャパン)といい、同社はEnerNOCのクラウドベースのDRアプリケーションであるDemandSMARTTMの日本における独占ライセンスを保有いたします。

丸紅とEnerNOCは2012年に関西電力株式会社の「BEMSアグリゲーター(※2)との協業による電力需給の安定化に向けた取り組み」事業に共同で参画しました。両社は同事業を含むこれまでの日本における協業を通じ、エナノック・ジャパン設立の合意に至りました。EnerNOCは、米国を中心に、豪州、カナダ、英国、ニュージーランドにて事業展開しており、管理している総需要削減規模は約9,000MWに上ります。デマンドレスポンスとは電力需給逼迫時に需要家に短時間の節電を働きかけ対価を支払うことで、需給緩和及び長期的な電力設備投資抑制を実現する新しいスマートグリッド事業モデルであり、エナノック・ジャパンはEnerNOCの世界最大のDRプロバイダーとしての知見と、丸紅が全世界で展開している電力事業のノウハウを集約しDR事業に取り組み、日本の電力需給安定化に寄与することを目指します。

また、丸紅は東京電力株式会社(以下、東京電力)と共にEnerNOCを丸紅の委託事業者として、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証事業(平成25年度予算)」第三次公募(執行団体は一般社団法人新エネルギー導入促進協議会)による「インセンティブ型ディマンドリスポンス実証」(以下本DR実証という)の事業者として2013年11月22日に採択されました。

本DR実証はEnerNOCにとって日本で初めて行うアグリゲーターベースの商工業需要家に対するクイックレスポンスDRプログラムとなります。本DR実証において丸紅とEnerNOCは様々なDRポートフォリオによるピーク時供給力のためのDRと運転予備力調達のためのDRを東京電力に提供いたします。本DR実証は日本の電力システムにDRを導入するための礎となることが期待されています。

丸紅はこれまで海外で累計96,000MWの発電所建設実績を有し、また日系独立発電事業者として最大となる全世界における総発電設備容量約33,000MW、出資持分換算で約10,000MWを保有しております。日本においては昨今の電力需給の状況を受けてDRを始めとするデマンドサイドの取組が注目されており、丸紅は今後も電力バリューチェーンにおける積極的な事業展開を進めて参ります。


【EnerNOC社概要】

会社名    :EnerNOC, Inc.
設立     :2001年
本社所在地  :米国マサチューセッツ州ボストン
代表者    :Tim Healy (Chief Executive Officer), David Brewster (President)
総需要削減規模:約9,000MW
管理サイト数 :12,000以上
上場     :NASDAQ(2007年5月)
事業内容   :1. デマンドレスポンスサービス(商業・産業等、法人顧客向け)
        2. エネルギー効率化サービス
        3. 電力会社へのコンサルティング
ホームページ :http://www.enernoc.com/


※1:デマンドレスポンス(電力需要応答)
        電力会社等からの要請に基づき、需要家(ユーザー)に対して使用電力の削減を行い、
        その実績に応じて電力会社から対価を得る事業  モデル。

※2:アグリゲーター
         通常、ユーザーに端末を導入したり、クラウド等によって自ら集中管理システムを
         設置する事で、ユーザーの電力需要の削減を管理・支援する事業者。

 



ページTOPへ