2014年

ミャンマーにおいて段ボール加工会社を合弁で設立する件

2014年2月28日
丸紅株式会社


丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、マレーシアの関連会社GS Paper& Packaging Sdn Bhd(以下、GSPP社、出資比率:丸紅25%、王子ホールディングス75%)を通じて、ミャンマー連邦共和国ヤンゴン郊外にあるミンガラドン工業団地において、現地パートナーと合弁にて段ボール加工会社を設立することを決定しました。

ミャンマーは人口約6千万人と相応の市場規模を有し、豊富な天然資源、及び経済成長による内需拡大の期待を背景に、日系企業を含む多くの外資系企業が同国に進出しています。これに伴い日系を含む外資系企業が求める高品質段ボールのニーズは高まっていくことが見込まれ、他社に先駆けて本格的な段ボール工場を建設、稼動させることにより、先行して同国内需要を取り込んでいきます。

丸紅は1942年にヤンゴン支店を開設して以来、同国において発電所建設や資源開発等のビジネスを70年以上に亘り展開してきました。2012年にネピドー出張所を開設し、いち早く2店体制を構築してきめ細かいフォローを目指しています。


<設立合弁会社の概要>
・会社名  : Oji GS Packaging (Yangon) Co., Ltd.
・事業拠点 : ミャンマー連邦共和国ミンガラドン工業団地
        (ヤンゴン市街中心部から北へ約20km)
・事業内容 : 段ボール製品(箱・シート)の製造および販売
・営業開始 : 2015年度第1四半期(予定)

<GSPP社概要>
・会社名  : GS Paper& Packaging Sdn Bhd
・事業拠点 : マレーシア(セランゴール、ペナンの2工場体制)
・事業内容 : 製紙業及び段ボール製造業(マレーシア国内第1位)
・設立   : 1990年
・代表者  : Mr. Sia Boon Soon(President)


以 上

 



ページTOPへ