2015年

合同会社コーケンホールディングへの資本参加について【アイ・シグマ・パートナーズ】

2015年4月30日
丸紅株式会社

アイ・シグマ・パートナーズ株式会社は、日本の中堅・中小企業への投資を行う「アイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)を通じて、2015年4月30日付で株式会社コーケン(神奈川県横浜市、以下「コーケン」)の持ち株会社である合同会社コーケンホールディングへの資本参加を実施しました。本ファンドを通じた2件目の出資案件となります。

コーケンは、コンクリート構造物や鋼構造物の重防食塗装・補修工事を手掛けています。道路、橋梁をはじめとする社会インフラの老朽化が社会問題となっている昨今において、これらの維持・補修に不可欠な事業の社会的意義と、品質・安全面で高水準なサービスを提供するため、自社従業員による施工を中心とする企業姿勢に共感し、今般、資本参加しました。今後は、コーケンの更なる発展に向け、サポートしていきます。

本邦企業の大半を占める中堅・中小企業は、日本経済において重要な役割を果たしていますが、取り巻く経営環境は厳しさを増しています。既に株式上場を果たした中堅企業においても、山積する課題に長期的視点で支援を行う株主が求められています。

本ファンドは、丸紅株式会社(以下「丸紅」)の総合商社としての幅広い業種における機能・ネットワークの活用、及び三井住友信託銀行株式会社(以下「三井住友信託銀行」)の企業オーナービジネス(事業承継対策等)の展開における信託等の活用を通じ、様々な業種の本邦中堅・中小企業(上場企業を含む)への出資(原則マジョリティ出資)を行っています。また、本ファンドの組合員である中小企業基盤整備機構の持つ中小企業ネットワーク及び中小企業への支援ノウハウも活かし、出資後は海外向けを含む戦略策定などの支援を行い、単なる資金の提供にとどまらない事業パートナーとして投資先企業と共同で企業価値の向上に取り組みます。

アイ・シグマ・パートナーズ株式会社では、今後も投資先企業の企業価値向上を通じ、中堅・中小企業における優れた製品・サービスを供給する技術力の継承と発展、雇用創出による地域経済への貢献に寄与していきます。

以上

<アイ・シグマ・パートナーズ株式会社(適格機関投資家等特例業者)概要>

設立 2013年6月
代表者 代表取締役 加納 道章
所在地 東京都千代田区神田錦町3-23
資本金 1.5億円(資本準備金1.5億円)
事業内容 プライベートエクイティ投資関連業務
株主 丸紅 85.01%、三井住友信託銀行14.99%
URL http://www.isigma-p.jp

 

<アイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合概要>

設立 2013年7月
代表者 加納 道章
所在地 東京都千代田区神田錦町3-23
無限責任組合員 アイ・シグマ・パートナーズ株式会社(適格機関投資家等特例業者)
ファンド規模 203億円

 

<株式会社コーケン>

設立 1983年10月
代表者 代表取締役 中山 宣秋
所在地 神奈川県横浜市
事業内容 下水道・水再生センター等のコンクリート構造物、橋等の鋼構造物、オイルタンクなどの重防食塗装・補修工事
URL http://www.paint-kohken.co.jp/

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】
アイ・シグマ・パートナーズ株式会社
TEL: 03-3518-4140

 

アイ・シグマ・パートナーズ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ