2015年

コールセンターの“つながらない”“つたわらない”を一発解決
(株)メディア4uとの協業による「SMS コンタクトサービス」の
提供開始【TMJ】

2015年6月22日
丸紅株式会社

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うベネッセグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、株式会社メディア4u(以下、メディア4u)が提供するSMSコンタクトサービス(以下、SMS)を代理店として販売開始、あわせてTMJのコールセンター、バックオフィス業務受託の経験より、オペレーションを活用したSMSソリューションを提供します。

  • 「SMSコンタクトサービス」
<電話がつながらないイライラを解消>   <説明がわかりづらいイライラを解消>
SMSで直接WebのFAQページをご案内することで、繋がりづらいという不満解消と、集中するセンターへの入電削減を同時に解決できます   テクニカルサポートなどで、口頭での説明が難しいシチュエーションでも図や写真を直接送ることで理解促進がはかれます

 

SMSは到達率90%以上と開封率も高く、受信する時間や場所を選ばず情報をお伝えするツールとして、電話、メール以上の可能性を秘めており、その活用領域は拡大しています。
今回TMJではメディア4uと提携し、2015年6月より同社商品の販売を開始。コールセンターにおける「つながらない」「つたわらない」を解決するソリューションを展開します。

 

<SMSの活用例>
効率化

  • ・難しい説明をSMSでWEBと連携
  • ・SMSをつかって、アウトバウンドをインバウンドに切り替え
  • ・工事、大型商品の納品等の日程を事前にSMSでご連絡することでロスを削減
  • ・見積もりをSMSで連絡することで、後続業務のリードタイムを大幅に短縮

顧客接点強化

  • ・SMS+IVRで混雑時、時間外の電話もWEBに誘引
  • ・混雑時にSMSでチャットへ誘引し接続率強化
  • ・新商品、新サービスをSMSでご案内、売上げ拡大に期待

その他

  • ・請求督促をSMSで連絡
  • ・契約更新を事前にSMSでアプローチ

 

 

<SMSコンタクトサービスの特徴>
※価格は税別参考価格。環境、利用量により価格は変動します。

■SMS-CONSOLE (ショートメッセージ送信サービス)
[初期費用10万円~、月額使用料15円/通]
SMSを送信(個別、一括)するベーシックなサービス。コールセンターオペレーションに組み込むことにより、不通顧客への機会損失を解消が期待できます。
   

■Tele Force (ショートメール送信+IVR SOLUTION)
[初期費用5万円~、月額費用1万円~、SMS従量課金15円/通]
SMSとIVRを組み合わせたサービス。IVRからSMSを直接送信、FAQ等に誘導することでWEB上での解決率を高めることが可能。コール削減や営業時間外の対応強化が期待できます。 

TMJでは、多くのクライアントにその効果を実感いただけるよう、「TMJソリューション活用セミナー」を定期的に開催する予定です。



 

<株式会社メディア4u概要> (http://www.media4u.co.jp/
メディア4uは、ネットの動画配信事業と広告事業を主に2005年に設立。その後、CRM型のメール販促システムの開発販売、SMS(ショートメッセージ)送信サービスと事業開発・シフトを行なってきた。特に2011年より国内でもSMSが携帯キャリア間で相互通信できるようになったことを背景に、「国内におけるSMSの進化形」を創ることを目指し、CRMシステム、IVR(自動応答音声)、ネット広告運用といったノウハウ・技術を組み合わせたソリューションを提供している。今後はコンタクトセンターやBPOサービスとの連携で、コンタクトポイントを括り直し、新しいCRMソリューション開発に力を入れていく方針を打ち出している。

設立 2005年11月
本社所在地 東京都中央区築地3-17-9 興和日東ビル9階
代表者 代表取締役 奥岡 征彦
資本金 4,000万円
事業内容 CRM(メール配信)システムの提供、SMS(ショートメッセージ)送信サービスの提供、
インターネット広告代理事業、インターネットによる動画/音声/画像の配信サービス・ホスティング事業、各種ウェブアプリケーション開発、販売、各種電子機器、デバイスの販売
上記事業に付帯関連する企画制作業務など一切の業務

<株式会社TMJ概要> (http://www.tmj.jp/
TMJは、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコンタクトセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。2013年8月 バイリンガルITアウトソーサーのBiOS社を子会社化。同年11月、フィリピンで日本企業向けの業務委託を請け負うガリバー・オフショア・アウトソーシング(株)、インドネシアで最大規模の民間BPO企業であるPT Asia Outsourcing Servicesと業務提携契約を締結。コンタクトセンター事業に加え、バックオフィスを含むBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)領域へと事業を拡大している。

設立 1992年4月
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
代表者 代表取締役社長 丸山 英毅
資本金 300百万円(株式会社ベネッセホールディングス60%、丸紅株式会社 40%出資)
拠点 東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、北九州、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、上海(中国)
事業内容 コンタクトセンターの調査・設計、運営、および、コンタクトセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。企業内の人事系、総務系、経理系業務など、
バックオフィス業務の受託・運営

【お問い合わせ】  
営業本部 営業管理部 広告宣伝課 [
pr@tmj.jp ]
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843

 

TMJ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ