2016年

イー・ガーディアンと戦略的グローバルパートナーシップを締結
~多言語対応でのサイバーセキュリティ事業拡大を支援~【TMJ】

2016年4月20日
丸紅株式会社

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うベネッセグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、持続的成長に向けた海外事業戦略の一環として、イー・ガーディアン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:高谷 康久、以下、イー・ガーディアン)と戦略的パートナーシップを締結します。今回の契約締結により、イー・ガーディアンの事業における海外重要拠点として、TMJのフィリピン・中国の現地法人で多言語対応コールセンター/BPOサービスを提供します。特にフィリピンでは、イー・ガーディアンが目指すサイバーセキュリティ事業の展開を支援し、両社の海外事業拡大に向け、パートナーとして幅広く連携していきます。

  • TMJ ロゴ
  • イー・ガーディアン ロゴ

 

<協業の背景>
サイバー攻撃に対するセキュリティサービス市場は、巧妙化する標的型サイバー攻撃の増加により高度な専門知識を備えたサービスへの需要が高まり、市場規模は今後さらに拡大すると予測されています。一方、スマートフォンの世界的な普及により、世界のゲームコンテンツ市場は年6%増の6.7兆円の市場に伸張し、そのシェアの大部分をアジア・米国・欧州などの英語圏・中国語圏が占めています。このような市場環境の中、国内の大手ゲーム会社は近年、海外進出を加速しており、サイバーセキュリティ面における多言語対応のニーズも高まっています。
イー・ガーディアンは、導入実績600社以上の基盤を誇る総合ネットセキュリティ企業として、オンラインゲームのカスタマーサポート/脆弱性診断/デバッグ/投稿監視サービスの提供に加え、サイバーセキュリティ事業を展開しています。
今回の契約締結により、TMJはイー・ガーディアンが提供する各種サービスのBPO業務を受託し英語・中国語で実施するほか、今後拡大が見込まれる英語圏でのサイバーセキュリティ事業においても、サービス提供面で連携を図っていきます。また、大手ゲーム会社をはじめとした海外進出を図る日本企業に対し、多言語対応による高品質なセキュリティサービスを提供します。

<協業の全体像>
イー・ガーディアンがクライアント企業から受託する英語・中国語によるカスタマーサポート/脆弱性診断/デバッグ/投稿監視などのメディア運用サポート業務を、TMJのフィリピン・中国の現地法人(TMJP BPO Services, Inc. 、上海捷声商務服務有限公司)で担っていきます。また、フィリピンではイー・ガーディアン社員が直接、現地スタッフの教育を行うことで、日本国内と同水準の品質によるサービス提供を実現します。

<今後の展開>
まずは、イー・ガーディアンの海外展開を行う既存クライアントの業務構築を支援していきます。さらに、将来的には両社のクライアントを相互に連携していくことで事業拡大を目指すほか、海外企業向けの営業展開にも取り組んでいきます。今期は、フィリピン・中国を合わせ40席体制、導入5社を見込むとともに、フィリピン・中国におけるBPO事業拡大を目指します。

 

<イー・ガーディアン株式会社について>
1998年設立。2010年に東証マザーズ上場。投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニーとして、導入実績600社以上の基盤を誇る総合ネットセキュリティ企業。事業領域は年々拡大しており、ゲームサポートやアド・プロセス、そして子会社化したHASHコンサルティング株式会社との連携によるサイバーセキュリティ分野まで幅広く提案が可能。センターは国内5拠点を保有しており、業界でも最大級の体制を有する。コミュニティ監視300サイト以上の実績を基盤に投稿監視サービスのみでなく、コンサルティングサービスやインターネット風評調査サービスなどのコンテンツサポートを主に行います。

設立 1998年5月
所在地  東京都港区麻布十番1-2-3 プラスアストルビル4F
代表者  代表取締役社長 高谷 康久
資本金
 340百万円(2015年9月末日現在)
業務内容  ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務

 

<株式会社TMJ概要>http://www.tmj.jp/
TMJは、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。2013年8月 バイリンガルITアウトソーサーのBiOS社を子会社化。2015年8月には中国上海、フィリピンマニラに100%出資子会社を設立。バックオフィスを含むBPO領域、グローバルビジネスサービスへの事業を拡大している。

設立 1992年4月
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
代表者 代表取締役社長 丸山 英毅
資本金 300百万円(株式会社ベネッセホールディングス60%、丸紅株式会社 40%出資)
拠点 東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、北九州、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、
上海、マニラ、セブ
事業内容 コールセンターの調査・設計、運営、および、コールセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。
企業内の人事系、総務系、経理系業務など、バックオフィス業務の受託・運営。


<TMJフィリピン・中国の現地法人概要>
TMJP BPO Services, Inc.(フィリピン・マニラ)

設立 2015年8月
所在地 26th & 25th Sts, Bonifacio Global City, Taguig, Philippines
代表者 代表取締役社長 伊藤 伸司
資本金 3,590万フィリピンペソ
席数 80席 ※2016年3月時点
事業内容 オフショアでのVoice / Non-Voice BPOサービスの提供など

上海捷声商務服務有限公司(中国・上海)

設立 2015年8月
登記地 中国(上海)自由貿易試験区基隆路55号11階
代表者 董事長 兼 総経理 張 国良
資本金 500万人民元
事業内容 増値電信事業(コールセンター)、企業管理コンサルティングなど

 

【お問い合わせ】
(株)TMJ 
営業本部 営業支援部 広告宣伝課 [ pr@tmj.jp ]
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-584

 

TMJ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ