2016年

大手半導体メーカー 米IDTと販売代理店契約を締結【丸紅情報システムズ】

2016年7月13日
丸紅株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS、本社:新宿区大久保3-8-2 社長 伊吹 洋二)は、大手半導体メーカーである米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(Integrated Device Technology, Inc. 本社:カリフォルニア州サンノゼ、社長:グレゴリー・ウォーターズ、1980年設立、以下「IDT」)と販売代理店契約を締結しました。

IDTは、タイミングクロック(*1)、パワーマネジメント、センサーシグナルコンディショナ(*2)を主力に半導体を製造・販売しています。中でもタイミングクロック分野においては世界市場で最大のシェアを占めるリーディングカンパニーです。パワーマネジメント分野では、スマートフォンなどのデジタル機器で普及しつつあるワイヤレス給電用の製品を提供しています。センサーシグナルコンディショナ分野は、IDTが車載・産業用途で定評ある半導体ベンダーのZMDI(Zentrum Mikroelektronik Dresden AG)を2015年12月に買収したことにより取り扱いラインアップに加えたものです。

MSYSは、2012年に旧ZMDIとの間で販売代理店契約を締結し、国内で産業用を中心にセンサーシグナルコンディショナを販売してきました。IDTによる買収後も引き続き、取り扱いを拡げています。今回MSYSは、新たにIDTと販売代理店契約を締結したことで、旧ZMDIのセンサーシグナルコンディショナを含むすべてのIDT製品を取り扱う代理店となります。

今後、タイミングクロック製品・パワーマネジメント製品の取り扱いにより車載・産業用以外の民生機器・コンピュータ・モバイル機器などの用途にも顧客基盤を拡大し、3年後までに年間3億円の売上を目指します。


<IDT製品について>
1. タイミングクロック製品
IDTのタイミング用途向け半導体製品(クロックIC)はネットワーク・通信・民生・コンピュータなどのアプリケーション向けに多様な製品を提供しています。IDTの市場シェアはこの分野で最大で、完全なシステムソリューションから単機能のクロックジェネレータまで、あらゆる製品を提供します。ジッター(*3)が極めて低いことと、消費電力が大幅に抑えられていることも、IDT製品の大きな特徴です。

2. パワーマネジメント製品
IDTのワイヤレス給電トランスミッタ/レシーバのソリューションは、業界のリーダーとしてさまざまな機器の充電に多く使用されています。その製品ラインアップには、Qi規格(*4)に準拠した業界初のシングルチップ・トランスミッタICや、WPC(*5)とPMA(*6)の両規格に準拠する業界初のデュアルモード対応レシーバICなどが含まれています。その具体的な用途としては、タブレット端末やフィーチャーフォン、スマートフォン、携帯型ゲーム機、デジタル・メディア・プレーヤー、多機能プリンタなどが挙げられます。また、さまざまな民生用機器向けの高度な機能を搭載するマルチチャンネル対応の電源管理IC(PMIC)も提供しています。

3. センサーシグナルコンディショナ
IDTのセンサーシグナルコンディショナ(旧ZMDI製品)は、高精度なセンサー信号処理や高効率な電源管理、バッテリ管理、LEDドライバ、産業用インターフェースなどといったミックスドシグナルICを中心に設計製造しています。旧ZMDIの製品は自動車や医療機器をはじめとして幅広いアプリケーションで採用されています。


<IDT製品紹介WEBサイト>
http://www.marubeni-sys.com/idt/



(*1) 電子システムにおいてタイミング信号を生成/調整/分配/制御する集積回路。
(*2) センサーより出力される信号の増幅を行うセンサー信号処理IC。
(*3) クロックの周期のゆらぎのことで、画像の揺らぎやデータ転送でのビットエラーなどの原因になることがある。
(*4) WPCが策定したワイヤレス給電の国際標準規格。
(*5) Wireless Power Consortium。ワイヤレス給電技術の国際標準規格を策定する業界団体。
(*6) Power Matters Alliance。ワイヤレス給電技術の国際標準規格を策定する業界団体。

 

<IDTについて>
IDT社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発しています。IDT製品は、RF、タイミング、ワイヤレス給電、シリアルスイッチ、インターフェース、センサーソリューションの分野で市場をリードしており、通信、コンピュータ、コンシューマ、車載、産業用の分野に広範囲なミックスドシグナルソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market®市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報はwww.idt.comをご参照ください。Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTube、Google+ でもご覧いただけます。

<丸紅情報システムズについて>
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

【お問い合わせ先】
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com/
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
広報部広報課(プレス関係者窓口)
TEL:03-4243-4040
FAX:03-4243-4888

【製品に関するお問い合わせ】
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 デバイスソリューション部
TEL:03-4243-4160


*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。



丸紅情報システムズ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ