2016年

グローバルネットワークを活かしたBPOサービスの提供を開始
海外子会社との連携による業務体制を強化【TMJ】

2016年8月9日
丸紅株式会社

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うベネッセグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、海外子会社と連携した、BPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)サービスの提供を本格的に開始します。

 

多くの企業が事務業務の改善・改革を目的に、様々な領域でBPOサービスを活用する中、TMJは国内地方拠点において、人事や営業事務などの業務受託を行い、対応領域を拡大する事で、効率性の向上とコスト最適化の両立を実現してきました。

今回、TMJは既存の国内地方拠点での業務体制に加え、フィリピン・マニラの海外子会社と連携した業務スキームでBPOサービスの提供を開始します。既に2016年6月より間接業務(人事、総務、経理等)の受託運用を開始しており、ノウハウを蓄積することで高品質とコスト競争力を備えたサービス提供を強化していきます。

今後は国内地方拠点と海外子会社との連携スキームを活用したサービス開発を進め、よりお客様が利用しやすいサービスラインアップを拡充していきます。


<TMJのグローバルネットワークの特徴>
(1) 日本との連携
業務を分解し、国内地方拠点と海外子会社の連携により最適化することで、コスト最適化を実現します。また、最終チェックを日本人管理者が行うことで、日本品質の業務精度を実現します。個人情報の取り扱いに関しても、TMJが持つ日本最高レベルのセキュリティ体制を海外拠点でも構築し、安全性を担保します。


(2) 専門性
TMJが長年培った事務業務効率化の要諦をメソッド化することで、ベストプラクティスを標準化し、高い専門性を提供します。24時間稼動可能な拠点特性による「時間の融通性」と、多様な事務処理実績から得た専門性を活かした「業務の柔軟性」により、フレキシブルな対応を提供します。

(3) 海外拠点の活用で低価格化
昨年8月に進出したTMJP BPO サービス(株)(※1)が拠点を構えるマニラ・ボニフォシオ地区は多くの金融系企業が進出し、BPO経験者、大卒者など優秀な人材を集めやすい立地にあります。同社は、この立地条件を活かし、高パフォーマンス・低コストの業務体制を構築しています。その他、中国法人(※2)の活用、鹿児島を中心とした国内地方拠点でのニアショア化も併用し、高品質と低コストを両立しています。

※1:2015年8月にフィリピン・マニラに開設したオフショア拠点。TMJ99%出資子会社。
※2:益峰客戸関係管理(上海)有限公司(VCS)、上海捷声商務服務有限公司(JCS)の2つの法人を中国・上海に展開。


<株式会社TMJ概要>http://www.tmj.jp/
TMJは、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。2013年8月 バイリンガルITアウトソーサーのBiOS社を子会社化。2015年8月には中国・上海、フィリピン・マニラに100%出資子会社を設立。バックオフィスを含むBPO領域、グローバルビジネスサービスへの事業を拡大している。

設立 1992年4月
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
代表者 代表取締役社長 丸山 英毅
資本金 300百万円(株式会社ベネッセホールディングス60%、丸紅株式会社 40%出資)
拠点 東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、北九州、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、
上海、マニラ、セブ
事業内容 コールセンターの調査・設計、運営、および、コールセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。
企業内の人事系、総務系、経理系業務など、バックオフィス業務の受託・運営。

 

【お問い合わせ】
株式会社TMJ
営業本部 営業支援部 広告宣伝課 広報チーム [ pr@tmj.jp ]
TEL:03-6758-2016  
FAX:03-5389-5843

 

TMJ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ