2016年

IBM Watsonを活用した「フィジビリティスタディサービス」を提供開始
システム提供・コンテンツ最適化から評価までをワンストップで提供【TMJ】

2016年12月14日
丸紅株式会社

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うベネッセグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、「IBM Watson (以下、Watson)」を活用したオペレータ支援ツールを開発し、コールセンターにおける電話応対の生産性変化などを測る、「フィジビリティスタディサービス」の提供を開始しました。

<Watsonを活用した「フィジビリティスタディサービス」とは>
応対力・生産性向上を目的に、コールセンターでは自然言語処理と機械学習などのAI活用に向けた検討が本格化しています。AI技術の本格導入に先立ち、フィジビリティスタディ(実現可能性調査)による導入検証を求める企業ニーズが増える中、TMJではオペレータ支援に特化した「フィジビリティスタディプログラム(以下、本サービス)」を開発。Watsonを活用した音声認識+機械学習機能付きの自社開発FAQシステムの提供から、FAQコンテンツ・学習用データの作成、検証・評価までをワンストップで提供し、コールセンターにおける生産性の向上を力強くサポートします。

 

《サービス ご提供内容》

  • ≪サービス ご提供内容≫

 

<コールセンター業務へのAI技術活用を推進>
コールセンターにおけるAI導入による期待効果は、「生産性向上」「通話時間の短縮」「ナレッジマネージメントの強化」「オペレータの業務負荷軽減により離職率改善」「AIによる知識補完に伴う育成期間の短縮」など様々です。今回提供する本サービスでは、期待する効果が本当に望めるのかを、約3ヶ月にわたり導入検証を行うことで、“AI導入の投資対効果“を検証することを目的としています。TMJは前述のとおり、Watsonを活用したシステム提供、コンテンツ最適化、検証・評価までをワンストップで提供し、AI技術の導入意思決定をサポートします。

コールセンター運営にAI活用が欠かせない未来を見据え、TMJは今後もAI技術導入の支援を推進していきます。

 

《サービス概要》
提供価格: 2,000万円~(税別、詳細は見積り)
提供期間: 3ヶ月~4ヶ月

《導入スケジュール イメージ》 ※モデルケース

  • ≪導入スケジュール イメージ≫

 

<株式会社TMJ概要>http://www.tmj.jp/
TMJは、ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。2013年8月 バイリンガルITアウトソーサーのBiOS社を子会社化。2015年8月には中国・上海、フィリピン・マニラに100%出資子会社を設立。バックオフィスを含むBPO領域、グローバルビジネスサービスへの事業を拡大している。

設立 1992年4月
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
代表者 代表取締役社長 丸山 英毅
資本金 300百万円(株式会社ベネッセホールディングス60%、丸紅株式会社 40%出資)
拠点 東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、北九州、福岡、佐賀、熊本、鹿児島、
上海、マニラ、セブ
事業内容 コールセンターの調査・設計、運営、および、コールセンターの運営に関する人材開発、派遣、教育・研修、前後工程のBPO業務。
企業内の人事系、総務系、経理系業務など、バックオフィス業務の受託・運営。

【お問い合わせ】
株式会社TMJ
営業本部 営業支援部 広告宣伝課 広報チーム [ pr@tmj.jp ]
TEL:03-6758-2016
FAX:03-5389-5843


TMJ ニュースリリースは下記よりご覧いただけます。



ページTOPへ