2016年

インドネシアのCT Corpとの戦略的提携について

2016年7月19日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下、「丸紅」)は、インドネシアで金融、小売、メディア、ライフスタイル、プランテーション等の事業を幅広く展開している大手財閥企業のCT Corp(以下、「CT社」)と、インドネシアおよびアジア域内における包括的な戦略的提携に係る覚書を締結しました。

 

丸紅は、2012年にCT社傘下の二輪車の販売金融事業に出資して以来、CT社と友好な関係を築いてきましたが、今回の戦略的提携により、CT社と内需関連を含めた新規共同事業を積極的に取り組んでいきます。加えて、両社の豊富なビジネス知見の共有と新たな価値の創造を図るべく、両社間で人材交流ならびに人材育成プログラムを実施します。

 

丸紅は、新中期経営計画GC2018(Global Challenge 2018)において、海外戦略の強化を掲げていますが、中間層が厚みを増すアセアンを重点市場の一つとし、世界各国・地域の内需拡大をターゲットとする地域密着型事業の拡大を進める方針です。

 

2億5千万人の人口を有し中長期的な内需拡大が期待されるインドネシアにおいて、内需型ビジネスを積極的に手掛けているCT社との協業を通じて、海外戦略の強化を推進していきます。

 

【CT社概要】

・名称:CT Corp(傘下に金融分野、リテール分野等を有する持株会社、旧Paraグループ)

・設立:1987年

・代表者:ハイルル・タンジュン(Chairul Tanjung)会長

・主な事業内容:

-インドネシアの大手銀行であるBank Megaを中心とした金融事業

-ライフスタイル事業

-TV局・ニュースポータルサイトのメディア事業

-テーマパーク・ホテルのエンタテイメント事業等のリテール(消費者向け)ビジネス

(最近の主な取り組み)

2013年、仏小売大手カルフールのインドネシアのスーパーマーケット事業を完全子会社化。2014年、インドネシア・ガルーダインドネシア航空に約30%出資。

・本社所在地:インドネシア(ジャカルタ)

・従業員数:約10万人

・売上規模:約30億USドル (2015年12月期)

 

以 上




ページTOPへ