2016年

カタール国・ラファン第2製油所の生産開始について

2016年12月26日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下、「丸紅」)と出光興産株式会社、コスモエネルギーホールディングス株式会社、三井物産株式会社の4社がカタール国営石油会社、フランスのトタール社とともに出資するラファン・リファイナリー2株式会社は、2014年4月よりカタール国のラス・ラファン工業団地に建設していたラファン第2製油所(以下、「第2製油所」)において、生産を開始しました。

第2製油所は、2009年より操業を開始したラファン第1製油所(以下、「第1製油所」処理量:日量14万6千バレル)に隣接し、日量14万6千バレルのコンデンセートを処理します。これは、単一構造の天然ガス田としては世界最大級の埋蔵量を誇るノース・フィールド天然ガス田から産出されるコンデンセートを精製して付加価値を高め、石油製品として国内外に出荷するものです。

第2製油所では軽油深度脱硫装置を新設し、生産された低硫黄軽油がカタール国内向けに販売され、環境負荷の軽減に寄与するとともに、今後第1製油所と一部施設を共有することで操業の効率化を図ります。

丸紅は、カタール国においてLNGや電力・インフラ事業に加え、石油・ガス上流権益への投資など、様々なビジネスを展開しています。第2製油所での石油精製事業を通じて、エネルギー事業の拡大を図ると共に、これまで培ってきたカタール国並びにカタール国営石油会社との関係をさらに強化していきます。

 

【ラファン・リファイナリー2株式会社】

設立年月:         2014年10月 

所在地   :         カタール国ドーハ 

代表者  :          Sheikh Khalid Bin Khalifa Al-Thani, CEO 
                        代表取締役社長 ハーリッド・ビン・ハリーファ・アル・サニ

出資者(比率):カタール国営石油会社(84%)、トタール(10%)、出光興産(2%)、コスモエネルギーホールデ
                       ィングス(2%)、三井物産(1%)  、丸紅(1%)




ページTOPへ