2017年

日中間における医薬品等の卸販売事業に関する合弁契約締結の件

2017年12月26日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下、「丸紅」)は、上海復星医薬(集団)股份有限公司(以下、「復星医薬」)との間で、日中間における医薬品等の卸販売事業の共同展開に向けて合弁会社を設立することに合意し、2017年12月25日に合弁契約を締結しました。 

中国では、消費水準の上昇とライフスタイルの変化に伴う慢性病患者の増加を背景として、医薬品等の需要が拡大しています。近年の医療保障制度の整備・改革が追い風となって、日系製薬企業をはじめとする外資系製薬企業の中国市場に対する期待が高まっています。丸紅および復星医薬は、中国市場における高品質な医薬品へのニーズの高まりを満たすため、主に日本製医薬品等の中国での販売を目的とした合弁会社の設立に合意しました。合弁会社においては、中国で製造される高品質な医薬原材料や、開発が進んでいるバイオシミラー(*)等の日本市場展開にも取り組む予定です。 

復星医薬は、医薬品の研究開発・製造、医療サービス、医学診断・医療機器製造・代理販売、ならびに医薬品の卸・小売販売など多岐にわたり、医療・ヘルスケア産業分野に取り組んでいます。 

丸紅および復星医薬は、両社のリソースを最大限活用しながら日系製薬企業の中国市場進出と中国医薬品市場の発展に貢献していきます。 

*)バイオシミラー:バイオ医薬品(遺伝子組み換え等、バイオ技術を使って製造する医薬品)と同等/同質の品質、有効性、安全性が確認され、バイオ医薬品と類似のものであるとして承認された医薬品。 

以 上

 

<合弁会社概要> 

会社名:復紅康合医薬江蘇有限公司(予定) 

所在地:江蘇省泰州市薬城大道(予定) 

設立:2018年4月(予定)(**) 

資本金:USD10百万 

株主構成:復星医薬51%、丸紅49% 

事業内容:中国および日本における医薬品等の卸販売事業 

**) 合弁会社の設立および稼動は競争法審査、各種許認可取得後になります。 

 

<復星医薬概要> 

上海復星医薬(集団)股份有限公司(株式取引番号:600196.SH、02196HK)は、1994年に設立された中国の大手医療・ヘルスケア産業グループです。復星医薬は、医薬品の研究開発・製造、医療サービス、医学診断・医療機器製造・代理販売ならびに医薬品の卸・小売販売など、医療およびヘルスケア産業における多くの重要な業務分野を戦略的にカバーしており、人々の健康に貢献しています。復星医薬は、中国最大級の企業技術センターおよびグローバルな研究開発チームを有しており、循環器、中枢神経系統、血液系統、代謝及び消化器官系統、抗感染、抗腫瘍などの治療領域における新規研究開発に注力しています。未来に向けて、復星医薬は、「継続的イノベーション、健康享受」のブランド理念を継承し、グローバルな医療ヘルスケア市場における一流企業を目指し、「内部的な成長、広範な拡大及び統合的な発展」という発展戦略を継続堅持していきます。 




ページTOPへ